人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

初めての講演

4月13日(土)横浜日独協会の4月例会で、私は人生初体験をしました。これは正真正銘の初体験です。会員皆様の前で、講演したのです。全く経験のないことでしたので、初めはお断りしようと思いました。しかし、今日本の置かれている状況を考えると、中国、韓国、北朝鮮、アメリカ、ロシア、どこを見てもとても厳しい状況にあります。孫たちの時代、日本はどうなっているのだろうか、という声があちこちから聞こえてきます。日本を正しい方向に導いてくれる政治家が果たしているのでしょうか?
「開戦前夜!政治家齋藤隆夫の挑戦~命をかけた名演説~」これは、2014年12月4日にNHKBSで放映された「英雄たちの選択」という番組のタイトルです。これを拝借し、祖父齋藤隆夫のことをお話しました。

『国家百年の大計を誤るようなことがありましたならば、これは現在の政治家は死してもその罪を滅ぼすことはできない』これは、齋藤隆夫の言葉です。

政治家は代議士とも言われます。広辞苑で”代議士”をひくと、「国民から選ばれ、国民を代表して国政を議する人」とあります。果たして本当の意味での代議士はいるのでしょうか? 本当に国民が聞きたいこと、言いたいことを、国民の代表として政府に問うことの出来る人はいるのだろうかと思います。
今年は齋藤隆夫没後70年、来年は生誕150年にあたります。これは、齋藤隆夫という政治家を皆様に知っていただく良い機会だと思い、このお話をお受けしました。

1時間という持ち時間がどの位のものなのか、見当もつきませんでしたが、あと数分を残してちょうど1時間となりました。
何よりも時間内におさまって、ホットしました。その後、質疑応答、懇親会と続き、人生初体験は無事に終わりました。
とても良い経験でした。

今度の日曜日は選挙です。齋藤隆夫の言葉に次のようなものがあります。
『政党及び代議士に対しては常に監督の責任を忘れてはならない。これが国民の政治道徳である。選挙人を裏切るような代議士であれば、必ず落選せしめる。この考えがなくてはならん。しかるに、今日の国民がこれらの考えを有しているかどうか、これが問題である』

by mako-oma | 2019-04-15 20:49 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

古稀のお祝い

早いものでブログの更新をさぼっておりましたら、既に2019年も四分の一が終わってしまいました。3月27日、私は古稀を迎えました。同級生たちは既に大半がもう70歳になっています。この歳になると、つくづく早生まれで良かったと思います。昨年は、春に中学の、そして秋には高校の同期会”古稀の祝い”の幹事として忙しくしていました。それから、半年余りが経ってようやく正式に古稀を迎えたわけです。長野に住む次女家族が、孫が春休みに入ったと同時に3月24日、東京にやって来ました。
老夫婦二人の静かな生活は一変し、毎日の決まったスケジュールはたちまちメチャクチャになりました。そもそもパソコンのあるリビングルームを占領されたので、孫たちが寝た後はパソコンも使用できず、バイオリンやハーモニカの練習もできなくなりました。それでも孫たちとの再会は何にも代えがたい時間でした。特にその一週間位前から準備してきた3月27日の”お楽しみ会”は、格別なものとなりました。私はスカイプで9歳の孫娘に英語を教えています。今はちょうど比較級や最上級のところを勉強していたので、それに絡めて参加者全員にクイズを出すことにしました。彼女は、20頭近くの動物の絵をかいて頭にかぶるものを作りました。3ヒントゲームで、「Who am I?]  という問題を出したり、様々な動物を比べてどっちが早いか、どれが一番優雅か、などの問題を出したり、とにかくアイデアが次から次へと出てくるので、私も夢中になって協力しました。
参加者は長女夫婦、次女家族、そして私たち二人の計8人です。司会進行役は彼女で、すべては彼女のアイデアで、私は助手でした。彼女が書いたプログラムは、まず最初に彼女の「初めの言葉」から始まりました。私への「プレゼント贈呈」もあり、4歳の孫(男の子)が描いた絵や、彼女が作ったカードや手芸品、そしてずっと探していたベルトもいただきました。参加者全員の名前入りの回答用紙を作り、クイズが正解だったら〇、間違っていたら×を記入してもらうようにしました。賞品も用意しました。長女と彼女のピアノ連弾もあり、本当に「お楽しみ会」でした。この日は皆の大好物のお寿司で私のお誕生日をお祝いしました。

a0335656_11341730.jpg


a0335656_11330725.jpg
a0335656_11332744.jpg
a0335656_11333179.jpg
a0335656_11333869.jpg

その週の週末、3月31日に、娘たちがレストランを予約してくれ、妹夫婦も一緒に古稀のお祝いをしてくれました。表参道にある”バルバッコア”というお店で、部位別お肉を思う存分いただきました。この日は、生花とプリザーブドフラワーの両方を抱えて帰宅しました。

古稀のお祝いを2回もしてもらったようで最高です!ありがとう!

by mako-oma | 2019-04-08 11:38 | 家族 | Trackback | Comments(0)