人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

台湾旅行2《台北》~4日目【10月3日(水)】

楽しかった台湾旅行もいよいよ最終日。この日は14時20分のフライト時刻まで自由行動だった。三年前、台北を旅行した時の心残りがあったので、リベンジしたかった。
それは総督府の内部見学である。
a0335656_14380130.jpg
塔の高さは60mで、当時としては最高だったようである。内部には台湾初のエレベーターが設置されたということである。

その時も今回と同じ、国慶節と重なっていた。そのため大陸からの観光客が沢山来ていて、総督府の前は長蛇の列だった。私も主人と二人でその列に並んだ。荷物検査などのチェックの為、かなりの時間待ってようやく私達の順番がきたと思ったら、前もって予約が必要だとのこと。そんなことはガイドブックには書いてなかった。結局長時間並んだにもかかわらず、中に入ることは出来なかった。私にはどうしても中を見たいという理由があった。それは、父方の祖父が1917年から1922年まで台湾総督府で働いていたからである。その時の総督は明石元二郎で、日本統治時代の半世紀の間に19人の総督がいたが、その中で唯一その遺言により台湾の地に眠っているのが明石元二郎である。前回の台北旅行の際にそのお墓も訪れていたが、その時には祖父が同時期に総督府にいたことは知らなかった。

今回も長蛇の列で、周りを見ると「憲兵」と背中に書かれた兵士が銃を持って警備にあたっていた。パスポートチェックのあと、荷物チェックでは、持っていたペットボトルの水を目の前だ飲むように言われ、飲み干した。そして、ようやく中に入ることが出来た。
私達二人の為に、日本語の上手なガイドさんがついてくれた。彼は昭和7年生まれで86歳ということだったが、とてもその年齢には見えなく若々しかった。小学校の途中まで日本の統治下にあったので、日本語が堪能で、日本大好き、ものすごい親日派だった。

a0335656_14392174.jpg
上空から見ると、日本の”日” という字になっている。

a0335656_14421188.jpg
a0335656_14424923.jpg
a0335656_14431671.jpg

約一時間、熱心に説明してくれた。
自由参観日というのがあり、今回見れなかったところもいくつか見れるそうなので、機会があればまた訪れたい。

ホテルに戻り、牛肉麺の美味しいお店「林東芳」を教えてもらって行ってみたら長蛇の列だった。なんでも、ミシュランに載ったお店ということで、今台湾では大人気のお店だそうだ。日本では決して並ばない夫も今回は珍しく30分並んで、薄切り牛肉がたっぷり入った美味しい牛肉麺をいただくことが出来た。
集合時間までにはまだ時間があったので、ホテルのカフェでお茶をして待った。

14:20、ホテルを出発して台北松山空港へ。そして16:45発NH854便にて帰国の途に。20:50羽田到着。
抗生物質と鎮痛剤を使用することもなく、無事に台湾旅行は終わった。



by mako-oma | 2018-11-05 16:34 | 旅行 | Trackback | Comments(0)  

台湾旅行2《台南》~3日目【10月2日(火)】

この日の出発は11時とゆっくりなので、近所のスーパーをのぞいて、お土産になるようなものを買った。私は外国に行くと必ずスーパーをのぞいてみるのだが、この時初めて知ったことがあった。それは、バーコードに書いてある番号である。
国によって番号が決まっているので、その番号を見て商品を買うと良いと言われた。確かに台湾に来て日本製の商品を買うことはないのである。台湾に来たら、日本製でもなく、中国製でもなく、台湾製のお土産を見つけることである。その為にバーコードの数字は大事だということを初めて知った。11時、ホテルを出発してバスはまず延平郡王̪祠を訪れた。ここは、鄭成功を祀る廟で1874年に創建された。日本統治時代に神社と寺院建築を模して改築され、開山神社という名前もつけられた。
a0335656_15514967.jpg
a0335656_15534458.jpg
a0335656_15530203.jpg
a0335656_16014667.jpg

このあと安平樹屋に行った。ここは、長い年月をかけガジュマルに浸食された廃墟だ。半端じゃないガジュマルの浸食力に驚いた。
a0335656_16191316.jpg
a0335656_16204041.jpg
a0335656_23350974.jpg
a0335656_23342304.jpg
これは、イギリス人の洋行(貿易会社)で、徳記洋行と呼ばれた。

その後に訪れたのは、安平古堡だ。ここは1624年にオランダ人によって築かれ、当時ゼーランディア城と呼ばれていた城塞である。現在は資料展示館となっている。
a0335656_23300072.jpg

昼食は、台湾小皿料理をいただき、16時13分発の新幹線で台北に向かった。今度はちゃんと指定席に座り18時02分、予定通りに台北駅に到着。その後夕食は「欣葉」という台湾料理のお店に行った。人気料理店のようで待っている人で混雑していた。全員でいただく最後の台湾料理を満喫した。

夕食後、足裏マッサージの体験コースがあり、13人全員が同じ部屋で足裏を出してマッサージしてもらった。ちょっと壮観だった。
私の担当者はベテランの男性で、最高に気持ち良かった!お隣を見ると、やってもらっているのは、元相撲部という男性。やっているのは新米という感じの若い男の子。これはちゃんと効いているのか心配になって、後で聞いてみたら案の定、全くマッサージになっておらず、ただ撫でているだけだったようである。これは担当者次第だと思った。
終わったあと、タピオカミルクティーで喉を潤した。
9時半ごろ台北での宿泊ホテル「ミラマーガーデン台北」に到着し、今回の台湾旅行最後の日を迎えた。



by mako-oma | 2018-11-02 15:38 | 旅行 | Trackback | Comments(0)