人気ブログランキング |

腫瘍摘出手術

腫瘍摘出手術からちょうど一か月が経ちました。顔のど真ん中に3cm弱の傷が出来ましたが、だんだんと腫れも引き、赤く盛り上がったところも小さくなったような気がします。それでも3か月間はテーピングをしていなければならないということです。手術開始45分前までに来るように言われ, 到着したのは1時間ぐらい前でした。やはり顔にメスを入れるということで緊張していました。手術前のチェックが終わると、手術着に着替えました。手術室には何も持っていかれないということで、スマホも本もロッカーの中にいれて、待合室で待っていました。30分ぐらいすると恐らく私の後に手術をすると思われる女性が来ました。そしてそのあと一人の男性が来ました。時間を見ると、予定された手術の時間は過ぎていました。私は手持ちぶさたで後から来た二人を見ると、二人ともスマホの画面をじっと見ていました。その時「あっそうか!手術室にいくまでは何をやってても良かったんだ!」と気が付きました。「じゃあ私も」と思い、ロッカーにいきかけたところで、名前を呼ばれました。

初めて入る手術室は、良くドラマで見る重たそうな扉の向こうにいくつもの部屋がありました。中には何人ものスタッフがいました。後で聞いたところによると、なんと12の手術室があるということでした。その手術室がいっぱいになるということで、毎日一体何人の人が手術をしているのだろうかと思いました。

私の手術は局所麻酔で、頬に注射をして、手術は始まりました。執刀医の先生は形成外科の女医さんです。
目を見て丁寧に説明してくださり、信頼できる先生だと思いました。手術の時間は30分ぐらいだったでしょうか?無事に終わりホッとしました。

ここの病院にはいつも自転車で行きますが、注意書には、手術当日は車の運転はもちろん、自転車もダメだと書かれていました。天気予報によるとその日は荒れ模様になるということだったので、夫に車で送ってもらうつもりでした。でも予報がはずれお天気になったので、歩いていくことにしました。帰りは迎えにきてもらうつもりで、手術が終わったら電話をし、病院の入り口で夫を待っていましたが、日差しが強かったので日陰に移動しました。ところがそこは蚊がすごかったので、また元の所に戻りました。待てども待てども夫は来ません。再度電話をしたら、何とまだ家にいました。何ということでしょう!夫は行くとき歩いて行ったから帰りも歩いて帰ってくると思った、というのです!ひどい話です。

手術から一週間後抜糸をし、病理検査の結果も出ていました。悪性のものではないということでまずは安心しました。

by mako-oma | 2019-08-02 11:08 | 健康 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://makooma.exblog.jp/tb/239417719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

皮膚ガン? >>