歴史学者 磯田道史氏が涙した古文書

昨年11月22日(水)TBSテレビで「1番だけが知っている 魂震えるスゴイ日本人」という番組が放映されました。この中で「武士の家計簿」などで知られる歴史学者の磯田道史さんが、一枚の色紙との出会いを語られました。「大戦直前…たった一人で戦争を止めようとした男がいた」彼の魂を最も震わせた古文書とは…それは今から20年ほど前、当時大学院生だった磯田さんは露店の骨董市をのぞくのが趣味だったそうです。そこに、すごく変わった格好の骨董屋さんがパイプ椅子に座って物を売っていました。真っ黒なイギリス紳士のような帽子をかぶり、黒いマントのようなものを着て、ひげを生やした立派な顔つきの人だったようです。まるで大正時代からタイムスリップしてきたような露天商に吸い寄せられるように近づくと、段ボール箱の中には500円均一の色紙が何枚も入っていました。その中の一枚になぜか心惹かれ買って帰ったそうです。
そこには、「第75帝国議会 去っての感想『去感』」と書かれていました。

この色紙を書いたのは「斎藤隆夫」という政治家だということがわかり、斎藤隆夫とは一体どのような人物なのかを調べました。太平洋戦争に突入するきっかけとなった真珠湾攻撃の一年前、その頃の日本は軍部が暴走、政治にも介入し、議会を牛耳ろうとしていました。政府の要人たちが青年将校によって暗殺された226事件が起きる中、斎藤は危険を顧みず軍部を徹底批判した本「軍部に告ぐ」を出版しました。戦争へ突き進もうとする日本を何とか止めようとしていました。しかし軍部を真っ向から批判して、斎藤は護衛という名目で軍に四六時中監視される生活がはじまりました。昭和12年(1937年)支那事変(日中戦争)勃発。斎藤の力だけではどうすることも出来ず戦争へ突き進んで行く日本。その犠牲となるのは国民でした。戦死者は6万人を越え、国民は疲弊していました。更に議会の承認なくして国民を戦争に動員できる国家総動員法が昭和13年(1938年)成立してしまいます。兵士を送っても送っても解決がつかない状況になり戦死者が増えていく。庶民の負担は増すばかり。日中戦争で疲弊している国民を何とか救わねばならない。

そして昭和15年(1940年)2月2日、運命の第75帝国議会が開かれました。国民の声を届けるために斎藤はたちあがりました。当時の大臣は国家主義者で固められ、軍部の思いのままに動く政府、批判すれば殺されるかもしれない中で、斎藤は国民を守るため決死の行動に出ます。

番組では実際の音源も放映されました。「一体支那事変はどうなるものであるか?いつ済むのであるか?いつまで続くものであるのか?我々が支那事変の処理を考えうるにあたりましては、寸時も忘れてはならぬものがあるのであります。それは何であるか。他のことではない。二年有半の長きにわたって我が国家国民が払いたるところの絶大なる犠牲であるのであります。」戦争の犠牲になるのは国民。そして斎藤は日本の未来を守るために禁忌の言葉を国家につきつけます。「ただいたずらに聖戦の美名に隠れて国家百年の大計を誤まるようなことがありましたならば、これは現在の政治家は死してもその罪を滅ぼすことは出来ない。」

太平洋戦争の一年前、斎藤は決死の覚悟で日本の未来を案じていました。斎藤のこの発言は問題視され、議長により議事録から削除されてしまいます。演説の三分の二が抹消されました。そして斎藤は聖戦を冒瀆したとして懲罰委員会にかけられ最も思い議員除名処分となります。斎藤の自宅には脅迫を意味する短刀が送りつけられました。「自分は一言も間違ったことは言っていない。」そして一詩を作りました。自分はこのまま殺され歴史に埋もれてしまうかもしれない。磯田さんが手にした色紙は決死の思いで書かれたものだったのです。

吾が言は即ち是れ万人の声
褒貶毀誉は世評に委す
請う百年青史の上を看ることを
正邪曲直自ずから分明

私の言ったことは国民の声である
ほめられるかけなされるかは世間に委ねるが
百年後の歴史をみて欲しい
正しいか間違っているかはおのずと明らかになる

磯田さんが最も魂が震えた一文は三行目。「百年後の歴史をみて欲しい」この色紙が書かれてからもうすぐ80年。偶然出会ったこの色紙。磯田さんは自分に託された斎藤からのメッセージだと感じたそうです。「後で多分評価してくれる、と委ねてくれている。歴史家が信用されている。これには非情に感動して泣きました。」と言われています。そんな貴重な色紙を500円で買ってしまった磯田さんは再び露天商の元を訪れその色紙を返そうとしましたが、露天商の口から出た言葉は、「この色紙はあなたの元に行く運命だったんだ」というものでした。本当に磯田さんの元にわたる運命だったんだと思います。歴史学者としての磯田さんの使命感に心をうたれました。磯田さんによって斎藤隆夫の名前が広く知られるようになればそれは嬉しいことです。私は孫としての使命感からこのブログを立ち上げました。

[PR]

by mako-oma | 2018-02-06 16:57 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://makooma.exblog.jp/tb/238279990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

再び斎藤隆夫2 >>