園長先生学園葬

12月に入ると第一週は朝8時代に家を出て、一日中外にいた日が一週間に3日もあり、朝ドラが抜けてしまったり、新聞がたまってしまったり、開封してない郵便物があったりで、本当に忙しかったです。2日の日は幼稚園の時の園長先生の学園葬があり、学年幹事は8時45分集合でした。97歳で亡くなられたのですが、数年前迄現役の園長先生でした。今年創立70周年を迎えましたので、親子孫と三世代に渡ってお世話になった方も多くいらっしゃいます。私の頃はまだ制服もなく、幼稚園のお人形さんを家に持って帰つて母が洋服を作ってくれたりと、とても家庭的な幼稚園でした。父に手をひかれ、幼稚園に通った記憶は今でも鮮明に思い出されます。この園長先生は母の学校の先輩で、後になって、母と結婚する前の父をご存知だったと聞きびっくりしました。8時45分から3時までの予定だったので、完全防寒で行きましたが、お天気にも恵まれ受付で動いていましたし、またストーブを用意してくださったので、持参のホカロンも使わずにすみました。お天気にも恵まれ大勢の方が参列され、お手伝いさせていただきとても嬉しく思いました。創立60周年の時に同窓会組織ができ、先生もとても喜んでいらっしゃいました。この縦の繋がりが末永く続くことを先生はきっと天国からご覧になっていることでしょう。
[PR]

by mako-oma | 2017-12-08 09:48 | 交流 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://makooma.exblog.jp/tb/238085942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 6つの用事をどうこなす? 疎開の記憶 >>