台湾旅行(1)ー鉄道ホテルー

これまでに世界23か国を訪れましたが、まだアジアの国には一度も行ったことがありませんでした。今回初アジアで台湾に行って来ました。3泊4日の短い日程でしたが、とても充実した思い出に残る旅となりました。今回は主人の学生時代からの友人達と一緒の団体旅行でした。このグループが結成されて来年で50年になるということで企画されました。メンバーの一人のお嬢さんが宮崎で地鶏のお店をやっていらして、その支店を台北に出されたということで、6組の夫妻+1の総勢13名という大所帯での旅行となりました。

私の中で台湾はアジアの中で一番行ってみたい国でした。というのは父方の祖父が1917年から1922年までの5年間、台湾総督府で仕事をしていました。祖父が台湾を離れるときに台湾の女学校の方からいただいたと思われる贈り物が、以前からとても気になっていました。桐の箱には漢字がずらっと並んでいて、読めませんがなんとなくわかる部分もあります。祖父と女学校の関係を解き明かしたいという思いがありました。父は1941年(昭和16年)2月に台湾を訪れ、台湾旅行記を書いています。戦争の始まる10か月前です。これは、父から祖父に宛てた手紙の形式をとっています。今回自由行動の時間が十分にあったので、私達夫婦は父が訪れたところを回ってみました。今回は台北だけでしたが、父が訪れたところはほぼ制覇できました。

父は戦前の台湾で一番といわれた鉄道ホテルに宿泊していました。この場所にはなんと現在新光三越のビルが建っていました。私達の泊まったホテルのすぐ近くにも新光三越がありましたが、私にとって意味のあるのは台北駅前の新光三越なのです。
25年ほど前、新光三越のオープンに関係した仕事をしていた夫は、何度も出張で台湾を訪れていました。その第一号店が今立っているところが、昔、鉄道ホテルがあったその場所なのです。

a0335656_07574260.jpg

初日、松山空港でガイドさん付きのバスが待っていてくれました。
私達はそれに乗って、忠烈祠→龍山寺→総統府→中正記念堂→と台北市内をめぐりました。総統府はバスの中から見ただけでしたが、その時ガイドさんが交差点を挟んではす向かいにある女学校のことを何か話してくれました。一瞬のことだったので、何を話されたのかは記憶していませんが、とにかくそこに女学校があることがわかりました。私は祖父と関係のあった女学校はここだと確信しました。  つづく




[PR]

by mako-oma | 2015-10-30 15:15 | 旅行 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://makooma.exblog.jp/tb/21788054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 台湾旅行(2) ー台北市立第一... サロンコンサート つづき >>