③オーマとジージのクロアチア大冒険旅行~2日目【6月12日(木)】

2日目【612日(木)】

朝5時に目が覚めてしまったので、散歩することにした。ホテルのまわりには子供向けの公園があり、その奥にはプライベートビーチがあった。このあたりはラパドとよばれる地域で、昔ここにはルネッサンス様式の夏の別邸がたくさんあったそうだ。海沿いの細い道はどこまでも続いているようだった。

a0335656_15495686.jpg
先へ先へと歩いていくと、突然、素敵なレストランが現れた。こんなところに?と思ったがおそらく正門は上の方にあるのだろう。ホテルにもなっているので、ここの入口は、海水浴客のためのビーチへの降り口のようだ。

a0335656_21014815.jpg

ホテルに帰りそろそろ朝食の時間だと思い、行ってみたのだが、あとまだ1時間あるというのである。私の時計は確かに7時なのだが、まだ6時だという。一体どういうことなのか? 部屋に戻り、テレビをつけてみたが、どうやらまだ6時らしい。ということは、ヘルシンキ時間とクロアチア時間の間には1時間の時差があるということである。

朝食は、パンやシリアル、コーヒーや紅茶のほかに、ジュース、ヨーグルト、ハム・チーズ・ソーセージ、ゆで卵、果物程度の軽いものだった。

ドイツ人のツアー客が同じホテルに宿泊していた。どこから来ているのか尋ねてみたら、ハンブルグからだという。ホテルのスタッフもドイツ語がわかるようである。以前デュッセルドルフに住んでいたと話したら、彼女は行ったことがあるという。良い街だと言い、特に高級店が立ち並ぶケーニヒスアレーは大好きだと話した。私も大好きだ。買い物をしなくても、ただブラブラと歩くだけでも気持ちの良い通りである。なんだかとてもなつかしい気分になった。

9時頃には行動開始。まずは、3日間のドブロブニクカードというものを買い求めた。これを持っていると市内のバスや施設の入場料が無料になる。旧市街までは10分ぐらいであろうか。結構込み合っていた。ほぼ全員同じところで降りた。ドブロブニクは「アドリア海の真珠」と称えられ、高くて重厚な城壁に囲まれている。私達は2キロにわたる城壁の上を歩いた。旧市街は世界遺産に登録されている。オレンジ色の瓦屋根とアドリア海の青い色のコントラストはどこから見ても絵になる光景だ。



a0335656_21113699.jpg


オノフリオの大噴水を見て、そのあと聖母被昇天大聖堂に入った。そこで私達を迎えてくれたのは、なんと私のクリスチャンネームである小さき花のテレジアの像だった。今まで数多くの教会を見てきたが、テレジアの像に出会ったのは初めてだ。素敵な旅の始まりを感じた。


a0335656_21150621.jpg


次に、ドブロブニクの守護聖人、聖ヴラホの名を冠した聖ヴラホ教会を訪れた。
教会の主祭壇には銀製の聖ヴラホの像があり、その手にはドブロブニク旧市街の模型を載せている。


a0335656_12272651.jpg



そのあとドミニク会修道院とフランシスコ会修道院を訪れたが、私は修道院の中庭が大好きだ。とても落ち着く。フランシスコ会修道院内にはヨーロッパで3番目に古い薬局が今も営業を続けている



a0335656_12314786.jpg




旧市街の目抜き通りプラツァ通りにはショップやカフェが並び、沢山の観光客が行き交っていた。お昼時になり、どこで食べようかと思っていたら、ちょうど目の前に、ガイドブックに載っていたお店の名前が目に入ったので、迷うことなくそこに入った。マスのグリルとスパゲッティーを頼んだが、値段の割にはたいしたことはなかった。隣の安いお店が結構にぎわっているのが気になった。


a0335656_12334092.jpg




昼食後、ロープウェイでスルジ山の頂上まで行った。ここからは旧市街を一望することができる。素晴らしい景色を堪能し、山を降りた。

a0335656_12363573.jpg

2時半頃にはもう今日の観光は終了し、ホテルに戻ることにした。とにかくものすごい暑さだった。何しろ朝5時から行動しているので、もう十分だった。

好きなように行動できるのは、個人旅行の最も良いところである。

帰りもまたバスで帰った。バス停を降りたら目の前にメガネショップがあった。

今日一日、何が困ったかと言えば、とにかくメガネとサングラスを交互につけたりはずしたりして、今どちらをかけているのかが、判らなくなるぐらいだった。一年中サングラスが手放せない私にとって、サングラスは必須である。メガネチェーンを忘れたのがいけなかった。それが運良く目の前にメガネショップがあるではないか。直ぐに中に入り、選択肢はなくそこにあった唯一のヒモ状のものを買った。これで、メガネを首からかけられるようになり、旅行中大いに助かった。これがなければ、メガネかサングラスかいずれかを落としたり壊したり失くしたりしただろう。ドイツ旅行の時、向こう岸まで船で渡るということがあった。こちら側に車を置いて船に乗ったのだが、その時点ですぐにサングラスがないのに気がついた。向こう岸について、私だけ直ぐに折り返し戻って探したが、既に車につぶされて無残な姿になっていた。

その時も直ぐにメガネショップを探した。こんな小さな村にあるのだろうかと思ったのだが、あったのだ。夫に、「メガネショップがあったら車止めて。」と言ったその瞬間にメガネショップを見つけたのだ。本当に不思議だ。

帰りがけにスーパーに寄って買い物をしてホテルに戻った。

夕食は7時頃、ホテル直営のレストランでムッシェルとシーバス、サラダ、ポテトなどを頼んだ。ウェイターのおじさんは船乗りだったようで、日本にも行ったことがあると言った。

早々にベッドに入ったが、夜、にぎやかな音で目が覚めた。この日はサッカーワールドカップの開幕戦、ブラジル対クロアチア戦が行われていたのである。

歓声と悲鳴が聞こえてきた。結果、3対1でクロアチアは負けてしまった。 (つづく)



[PR]

by mako-oma | 2015-01-22 20:08 | 旅行 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://makooma.exblog.jp/tb/20783215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ④オーマとジージのクロアチア大... ②オーマとジージのクロアチア大... >>