半世紀ぶりの再会

a0335656_23114437.jpg
明けましておめでとうございます。

2016年最初のブログは、50年前の写真でスタートいたします。
女の子二人に挟まれた真ん中の彼と50年ぶりの再会をしました。
この時皆高校生。青春真っ只中でした。
この写真は50年経っても皆の記憶に残る最高の写真です。

時は1960年代後半、日本は高度成長時代。ブラザースフォアー、ジョーン・バエズ、PPMなどのフォークソング全盛時代でした。まわりを見渡すと、ギターを抱えた友人たちが沢山いました。
仲間が集まると必ず誰かがギターを弾いて、皆で歌いました。
当時ベトナム戦争に反対する反戦歌もいろいろ歌われました。
私達はほとんど毎週末顔を合わせていました。
しかし、いつの頃からか彼は来なくなり、その後彼の消息は途絶えてしまいました。
そして、50年の歳月が流れました。

昨年末、突然彼の消息がわかりました。現在仙台在住とのこと。
すぐに連絡を取り、この日の再会となりました。
彼の希望により、たっぷりの時間をとりました。
午後1時から6時まではカラオケルームを、そしてその後は居酒屋さんを。

この日集まったのは、インドネシア在住の女性を含め、7人。
私達は自由が丘で待ち合わせました。
50年ぶりの彼の姿はかなり貫禄がついたようでしたが、顔は昔の面影が十分に残っていました。
カラオケルームに入った私達は再会を祝って乾杯しました。
そしてその後は50年の空白を埋めるのに時間はかかりませんでした。それぞれの50年を語ったあとは、ギター持参の友人の伴奏で、次から次へと昔を思い出しながら、歌っていきました。

今回の準備はすべてこのギターを弾く彼がやってくれました。
彼の作ってくれた歌集には全部で27曲ありました。
6時間のうちでは歌いきれない曲も沢山ありました。
それでも半分以上は歌いました。

あのころ彼はギターも持っていませんでした。ですからもちろん1曲も弾けませんでした。でも現在、彼はお客様の前で弾くレベルになり、リクエストは何でも弾いてくれます。1時から6時までカラオケルームを借りてただの1曲もカラオケをかけませんでした。
こんなお客さんっているのでしょうか?

その後は、居酒屋さんで時が経つのも忘れて飲んで食べてしゃべって笑って楽しいひと時を過ごしました。
最後に今日の主賓のご希望でスイーツを食べに行きました。
これは彼のおごりでした。ごちそうさまでした!

こんなに素敵な仲間がいる私は本当に幸せ者です。
今は亡き写真上段右端の彼はきっと天国から私達のことを見ていることでしょう。
改めて彼の存在は大きかったのだと感じました。

最後に私の大好きな詩をご紹介します。

The seasons may come and go, but friends last forever.
Make new friends, but keep the old.
One is silver, one is gold.



[PR]

# by mako-oma | 2016-01-14 23:42 | 交流 | Trackback | Comments(0)  

年末恒例行事

今年も余すところあと1日になってしまいました。
我が家の年末恒例行事は長女の高校時代の友人たちが集まるクリスマスパーティーです。今年は皆様のご都合で、暮れも押し迫った12月27日に開催されました。

このパーティー、初めは長女の友人たち8人だけでしたが、そのうちに結婚されてご主人も一緒に、そしてお子さんが生まれてファミリーで、と人数も増えていきました。
その一方、ロンドン、パリ、ヨルダン等、海外に行かれる方も増え、ある年は日本在住組は半分になってしまいました。お二人が来られるということだったのですが、一人は途中で具合が悪くなってこられなくなってしまい、結局お一人が双子ちゃんを連れていらしてくださいました。

毎回、皆様何か一品持ってきてくださるので、とっても楽しみです。今年もドライカレー、具材たっぷりのクスクスサラダ、2種のお味の異なる豚肉薄切りメニュー、シンガポールのソースでいただく焼き鳥、ロンドン駐在妻レシピの白菜サラダ、友人のご主人特製の焼きそば等バラエティーに富んだお料理が並びました。そしておいしいシャンペンにヨルダンのワイン!ヨルダンワインSAINT GEORGEは、残念ながら当日は開けそびれてしまい、皆様には飲んでいただけませんでしたが、後日私たち夫婦二人でいただきました。最高に美味しかったです!
私達は、牡蠣のアヒージョと野菜のマリネ、トマトとモッレラチーズのカプレーゼを提供しました。

今年は大人14名子供5名の計19名となりました。
ヨルダンからシンガポールに移られ一時帰国中の方、今年ロンドンから帰国された方も加わり、久しぶりに4人のご主人方が参加され、とてもにぎやかな会となりました。

途中、子供たちはパパたちも一緒に近くの公園に遊びにいきました。帰ってきてからは、6歳と5歳の女の子達4人は飽きもせずにカルタやトランプでひたすら遊び続けていました。

1時から始まった会も6時ごろには記念写真を撮って、お開きとなりました。来年また皆様方にお会いできるのを楽しみにいたしております。


[PR]

# by mako-oma | 2015-12-30 13:25 | 行事 | Trackback | Comments(0)  

「藤の園」へのご支援ありがとうございました

東日本大震災以来、私がサポートを続けている岩手県の児童養護施設「藤の園」へのご支援をいただいた皆様、ありがとうございました!
先日、皆様から頂いた支援金は全額「藤の園」へお送りいたしました。園長先生のシスター・チェリナからはお礼のメールをいただきましたので、ご報告させていただきます。

2011年3月11日、東北を襲った大震災は、当時1歳から18歳までの約60名が生活していた「藤の園」の建物にも大きな被害を与え、とても住める状況ではなくなり、立て直しが必要となりました。
友人からこの話を聞いて、私に何かできることはないかと考えました。偶然にもそこの園長先生は私の知っているドイツ人のシスターだったのです。

その頃私は義母が遺してくれた大量の古代布を何か役立てられないかと考えていました。義母は古代布を使ってお雛さまなどのお人形を作っていました。お頭は人間国宝級と言われた及川映峰さんから直々に選んでいただいたものを使い、胴体は藁を削って釘を打ち、とにかくこれはもの凄い力仕事だと思っていました。一針一針縫った衣装を何枚も重ねて着せてようやく出来上がります。

そこで、皆様に寄付をお願いし、そのお礼に古代布で作ったクリスマスボールを差し上げようと思いました。

a0335656_09041875.jpg
販売することも考えましたが、皆様の温かいお気持ちに対する私の感謝の気持ちをお伝えしたかったので、1000円のご寄付に対してクリスマスボールを1個差し上げることにしました。

我が家のクリスマスツリーには20個以上のクリスマスボールが飾られています。
a0335656_22505485.jpg
大震災から4年以上が経過し、なかなか寄付をお願いするのも難しい状況になってきましたが、子供達を高校まで出すための教育費のために、微力ですが、お手伝いできればと思っています。

我が家では、2月・3月の2か月間お雛様を飾って皆様にご覧いただいています。今年もこの間、友人をお招きしました。友人達には「手ぶらで来てね。その代わりに「藤の園」の募金箱にコインでもいいから、お気持ちを入れていただければとっても嬉しいわ」と念を押してお招きしました。何人もの方のご協力をいただけて、心から感謝いたします。

毎年、この時期になると「今年もクリスマスボール協力するわ」と言ってくれる友人もいます。先日、彼女と会うために、沢山のクリスマスボールを持って、同級生の経営するすき焼き店に行きました。一つ一つ柄が異なるので、好きな柄を選んでもらっていたら、お店の方が「私にも協力させてください」と言ってくださり、2つ選んでくださいました。とっても嬉しかったです。
友人の家のクリスマスツリーには毎年2個づつ増えていき、今年は8個のボールが飾られています。
本当に感謝です!

今日はクリスマスです。藤の園の子供たちの上に、そして世界中の子供たちの上に、神様の豊かなお恵みがありますように!!










[PR]

# by mako-oma | 2015-12-25 09:47 | ボランティア | Trackback | Comments(0)  

我が家のクリスマス(4)

毎年我が家で飾るクリスマスデコレーションをご紹介します。

a0335656_15362540.jpg


a0335656_15363253.jpg

a0335656_15363983.jpg

a0335656_15363727.jpg

a0335656_15364203.jpg
a0335656_23115030.jpg



a0335656_23113712.jpg

a0335656_23115762.jpg
a0335656_23115443.jpg


a0335656_23120421.jpg

a0335656_23184020.jpg
a0335656_23120056.jpg
a0335656_23114654.jpg

これは、私の手作りの天使です。




[PR]

# by mako-oma | 2015-12-24 15:47 | クリスマス | Trackback | Comments(0)  

我が家のクリスマス(3)

我が家の子供たちにとって、一番の楽しみはアドベントカレンダーでした。12月に入ると、毎日一つづつ小さなプレゼントがあります。
このアドベントカレンダーは、私が作ったものです。

a0335656_16333133.jpg
a0335656_16250659.jpg

ポケットに数字を書いた紙を入れ、その番号のプレゼントを大きな白い袋の中から取り出します。プレゼントを24個用意するのは大変です。今は、隣に住む孫娘が毎日やってきます。12月になるのを心待ちにしていました。今年は封筒と便箋のお手紙セットが多かったです。というのは、2月末、娘たちファミリーは長野県に移住してしまうからです。孫娘からのお手紙を期待して用意したものです。果たしてちゃんと使ってくれますことやら…

[PR]

# by mako-oma | 2015-12-23 17:16 | クリスマス | Trackback | Comments(0)