斎藤隆夫にみる真の政治家(9)~粛軍演説~

5.15事件においては、軍人が一国の総理大臣を銃殺したわけで、その罪の重大であることは言うまでもない。海軍刑法によれば、叛乱罪は死刑一点張りで、選択刑は許されていない。よって、死刑の要求が下った。ところが、その判決に反対運動が起こり、軍の上層部はこれを抑止せず、山本検察官の身に危険が迫ったため、多数の憲兵が彼を保護する、家族は遠方に避難…このような状態で、裁判の独立が維持できるはずがない。裁判の結果は、死刑の要求は13年と15年の禁固となり、軽いのは1,2年、しかも執行猶予つきとなった。ところが、同じ事件に関係した民間側被告の主犯は、無期懲役に処せられている。ある発電所に爆弾を投じたけれども未発に終わり、何の被害も出さなかった、それなのに、この極刑である。民間人であり、普通裁判所に属する者だから。一方では、実際に犬養首相の殺害に手を下したにもかかわらず、その人が軍人であり、軍事裁判所に属したため、はるかに軽い刑ですんでいる。人と場所によって、ここまで差別が生れる。天皇の御名において行われる裁判は、徹頭徹尾独立であり神聖であり、公平でなければならない。これで国家の裁判権が遺憾なく発揮されたということができるか。斎藤は、そのように軍を質し、5.15事件の主体的構造を解明することによって、2.26事件との連続性に強烈な光を当てている。 (つづく)
[PR]

# by mako-oma | 2017-05-30 21:20 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

斎藤隆夫にみる真の政治家(8)~粛軍演説~

斎藤は首をふりふり核心に入る。事件のもう一つの原因として、青年軍人の直接行動に対する軍部当局の態度を挙げている。昭和6年の3月事件、10月事件は、5.15事件および今回の反乱事件(2.26事件)と性質を同じくするものだが、この両事件に対し、軍部はどう処置したかというと、少しも徹底した処置をとっていない。「寸にして断たざれば尺の憾みあり、尺にして断たざれば丈の憾みあり、たとえ一木といえども、その根が深く地中に蟠踞するに至っては、これを倒すことは容易ではない」 軍部当局が事件を「闇から闇へ葬る行為」をくり返したこと、さらに、いくつかの不祥事件を起こしながら、立憲政治への介入を継続させたこと、この二点が演説の中に展開する。    (つづく)
[PR]

# by mako-oma | 2017-05-29 21:50 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

斎藤隆夫にみる真の政治家(7)~粛軍演説~5.15事件

斎藤は、自ら公判を傍聴した5.15事件に、その論点をもっていく。法廷における被告人の態度はきわめて堂々としていて、さすが青年軍人であった。彼らのしたことは、もとより国家社会を思う熱情から来たものであり、内にやましいところは一つもないのだから、それも当然のことだ。しかし、その思想はあまりに単純すぎた。彼らは22,3から30歳に満たない青年であり、軍事に関して一応の修行を積んでいるほかは、政治、外交、経済などについての知識・経験は皆無なのだ。無責任にして誇張的な言論機関の記事や、一部の不平家・陰謀家の言論が、何も知らない彼らを刺激した。今の政党、財閥、支配階級は、ことごとく腐敗堕落している、とか、このままでは国家は滅亡してしまう、とか、これを救うには、大化の改新にならって国家の改造をやるしかない、天皇親政、天皇中心の政治を行うには、軍事内閣を作らねばならぬ、とか。だれかが、今の政治は腐っている!といえば、確かな根拠もないまま、そうだそうだと信じる。ロンドン条約は統帥権の干犯だ!といえば、憲法上どこが統帥権の干犯なのか、よくわからないまま、これを信じる。国家の危機、直接行動のほかない!といえば、なんとなくそんな気がしてくる。青年将校が、革新のプログラムを持たずに、空疎な言論をもてあそんだ末、直接行動に出たのはなぜか。斎藤は、この根拠をわが国の国民性に求めている。「元来わが国民には、外国思想の影響をうけやすい分子がある」デモクラシーの思想がさかんになれば、われわれもデモクラシー。ナチス、ファッショん思想が起これば、またそろってこれに走る。「思想上において国民的自主独立の見識がないことは、お互いに戒めねばならぬことであります」軍事教育を受け、愛国の念に凝り固まった青年たちが、それらの言論をうのみにし、複雑な国家社会に対する認識を誤まったことが事件の大原因なのである、と斎藤はそのように主張した。とてもわかりやすい。 (つづく)
[PR]

# by mako-oma | 2017-05-28 20:10 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

斎藤隆夫にみる真の政治家(6)~粛軍演説~軍部の政治介入

『粛軍演説』の主調音は、政治集団と化した軍部の暗部をつくことにあった。つまり彼は、軍部そのものではなく、その「政治性」を批判したのである。明治天皇が軍人に賜った『軍人勅諭』,伊藤博文の『憲法義解』をはじめ、どの法律・規則を見ても、現役軍人に対しては、選挙権も被選挙権も認めていない。この理由は一つ、陸海軍は国防のために設けられたものだからだ。軍人はつねに天皇の統帥権に服従し、いざとなったら国家のために,身命をかけて戦争に従わなくてはならない。だから当然、軍人の教育訓練はもっぱらこの方面に集中される。政治、外交、財政、経済などは、軍人の知識経験の外にあるのだ。若し軍人に政治活動を許すと、政争の結果、武力にうったえて自己の主張を貫徹するに至るのは自然の勢い。そうなったら、立憲政治は破滅し、国家動乱、武人専制の端を開くものであるから、「軍人の政治運動は断じて厳禁せねばならぬのであります」ことに青年軍人の思想は、きわめて純真ではあるが、また単純であり、それ故に彼らが政治に参加するということは、きわめて危険性をもっている。 (つづく)
[PR]

# by mako-oma | 2017-05-27 19:48 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

齋藤隆夫にみる真の政治家(5)~粛軍演説~

広田弘毅首相がその声明書の中で、「庶政一新」(各方面の政治を一新する)の決意を発表しているが、それに対して斎藤は、「申すまでもなく政治は宣言ではなくして事実である」百の宣言ありといえども、一の実行なきところにおいては政治の存在を認めることはできないのであります」要するに日本では、戦前も戦後も、行政改革の実現など内閣の宣伝だけだ、ということになるかもしれない。宣言と決意の大安売りで、どれも至難のものばかり。もちろん聞きたいのはどうやるかということだが、首相は肝心の点をぼかしたままである。当時、内閣も軍部も、又右翼や評論家、新聞雑誌等の論調も、日本に何らかの根本的「改革」が必要であり、また日本の針路を明確化した「国策」の樹立が必要だとする意見を表明していた。そうした中で、斎藤はその必要性を否定し、実際に行われている「革新案」に「理論あり、根底あり、実効性ある」ものを見ず、この種の無責任で過激な言論が、思慮の浅い一部の人々を刺激して、ここかしこに穏やかでない計画を作り出し、兇漢による反乱事件へとつながるのだ、とその危険性を指摘した。それはまさに、武力によって現状を打開しようとする政治の流れを表し、いわゆる国家改造路線へとつながるのである。首相への最後の質問は、国策について。一方で軍備の競争をしていながら、一方で外交政策は成功した、うまくいっているという、これはまったくもって偽りである。あちらが軍縮の拡張すれば我もまた拡張する、我が拡張すればあちらもまた拡張する、こういう勢いを持って進んでいったら末はどうなることか。世界の軍備拡大に歩調を合わせながら、どこに広田首相にいう「自主外交」「積極外交」があるのか、と問いただすと、斎藤は「此れより軍部大臣にお尋ねしてみたいことがあるのです」と急角度に主題曲に突入する。
[PR]

# by mako-oma | 2017-05-26 20:51 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)