隣人の死

東京より一か月遅い蓼科の桜も終わり、今はモクレンやこぶしが満開となりました。水仙にサクラソウ、これからは一年中で一番お花の美しい季節です。それでもまだ暖房は欠かせません。朝の気温は2度とか3度、0.9度の日もありました。ここでもテニス友達やご近所の方等何人かの親しくしている友人がいます。お隣さんは定住組のご夫婦です。優しそうなご主人と元気いっぱいの奥様でした。この冬はなかなかこちらに来る機会がなく、今年になって初めてのご挨拶に行きました。実は、その前日、娘のバースデーパーティーを我が家でやったのですが、バースデーケーキが重なってしまい、その日もう一組のご夫婦と一緒にお茶会をしようと思いお誘いにあがりました。玄関のベルを鳴らすとご主人が出てこられました。半年ぶりなので「ご無沙汰しています。皆様お変わりありませんか?」とお聞きしたら、「家内が死にそうなんです」と言われ、一瞬何の事だかわからず、「えっ?」と発してしまいました。昨年12月、胃がんの末期と言われ、もう水も受けつけず、前日からは意識ももうろうとしているというお話を聞き、本当に信じられませんでした。「あんなに元気な方が…そんなばかな!」という思いだけでした。昨年は、妹夫婦も一緒に二日続けてお宅にお邪魔して麻雀をやりました。私は何年振りかだったので、とっても楽しかったです。今朝、車で出かけようとしたら見慣れないマイクロバスが止まっていました。フロントガラスには「~家」という張り紙がしてありました。「えっ!もうこんなに早く…」ショックでした。お家に電気がついた頃をみはからってお花を持ってお訪ねしました。ご主人はご不在でしたが、義理の妹さんが出てこられ、私たちがご挨拶に伺った翌日に亡くなられたということを伺いました。一緒にいただこうと思っていたケーキをお届けしたので、「あぁ、あのケーキをくださった方ですね。美味しかったですよ。」と言っていただきました。もうすぐレンゲツツジの季節になります。我が家の庭にはいろいろ植えましたがすべてシカにやられてしまいました。唯一楽しめるのが6月に咲くレンゲツツジです。庭の草刈りは大変な仕事ですが、主人はレンゲツツジを傷つけないようにと気を付けて刈ります。ですからその下草はいつも残されたままでした。でもお隣の奥様は、お宅から見えるレンゲツツジが楽しみだとおっしゃって、下草をきれいに刈ってくださいました。ありがとうございました。心から感謝です。これからは私が刈らなければならないのでしょうか。本当に人間、明日のことは全くわからないのだと実感しています。他人事とは思えません。今、余命数か月と宣告されたら、と真剣に考えています。断捨離もどんどん進めないと、と思っています。何よりも後に遺された人たちが困らないようにすることがたくさんあります。


[PR]

# by mako-oma | 2017-05-03 08:29 | 交流 | Trackback | Comments(0)  

幼稚園ミニミニクラス会

先日我が家で幼稚園のミニミニクラス会をしました。今回は、仲間の寿ちゃんが新春大歌舞伎の舞台を終えたので、お疲れ様会をやろうという俊ちゃんからの提案で開催することになったのですが、寿ちゃん本人は全然疲れていないということで、ミニミニクラス会となりました。皆様お忙しいのに、お返事をくださった方々12名はすべて出席でした。パーキンソン病を患っている新太ちゃんは、富山でのリハビリを調整して来てくれました。主人を入れて総勢13名。我が家のテーブルを囲める最大人数です。今回は、中華のケータリングをお願いしました。母がまだ元気な頃、よく蓼科の中華料理店に行きました。その本店が我が家のすぐ近くにあると知ったのは、母が亡くなった後のことでした。そのお店にケータリングをお願いしました。アルコール類は皆様の持ち込みです。スプマンテのマグナムをはじめとして、各種ワインに日本酒、更には前日苗場で飲んでいたというウィスキーまで豊富にそろいました。中にはお寺ブランドの珍しいワインもありました。結構飲みました。皆さんもう年だから…と思いましたが、元気元気!空いたビンを見て、まだまだこれからと再認識しました。”幼稚園のクラス会”というと、子供の幼稚園の親たちの集まりと思われる方がいますが、いえいえ、65年前に一緒に遊んだ幼稚園仲間なのです。古希を間近にした男女がお互いに”~ちゃん”と呼び合う光景は、はたから見たらきっとおかしいでしょうね。
65年前の姿は、以下のブログをご覧ください。




[PR]

# by mako-oma | 2017-02-23 15:04 | 交流 | Trackback | Comments(0)  

新年会ライブ


早いものでもう2月。1月は新年会がいくつもあり、毎日が忙しく過ぎていきました。その中での一番は、1時から6時までお店を借り切って開いた昔の仲間との新年会です。そのお店は、家の近くにあり、普段はカフェをやっているのですが、コンサートにも貸し出していて、ピアノもあり、マイクや音響設備も完備しています。マスターはキングストントリオのコピーバンドをやっています。昔の仲間の一人がPPMのコピーバンドをやっていて、お店の見学に来たことがきっかけで、ここで新年会をやろうということになりました。昨年は、高校卒業以来消息不明だった友人との半世紀ぶりの再会を果たし、お昼から夜までひたすらしゃべって歌って50年の空白を埋めました。


今は仙台に住んでいるその彼も今年の新年会を楽しみにしていて、今回は日帰りで出て来ました。
インドネシア人と結婚した友人も日本に一時帰国して参加してくれました。
今回は、楽器が出来る人は楽器持参ということで、ギターやウクレレ、それにハーモニカとそれぞれ愛用の楽器を持ってきました。私もバイオリンを持って行きましたが、或る事情から弾くことはなく、ご披露だけしました。
その代わりに、ペンダントハーモニカとボーカルで参加しました。歌詞を覚えている数少ない曲の一つをギターの友達が弾き始めたので、私はマイクに向かい、2本のギターをバックに歌いました。なんと贅沢な時間だったことでしょうか。気持ちよかったですね。素敵な仲間との素敵な時間に感謝です。









[PR]

# by mako-oma | 2017-01-26 14:58 | 交流 | Trackback | Comments(0)  

年末年始


無事に30個のクリスマスボールを作り終え、今年の藤の園へのクリスマスプレゼントも無事に届け終え、ほっとしたところで、12月23日は、我が家のクリスマスパーティーでした。毎年妹夫婦もよんで、盛大にやります。何しろ我が家はアドベントが始まる前にはもうすっかり家中クリスマスになっているのです。昨年2月に長野に引っ越した次女家族も3日間東京に出てきました。隣に住む長女夫婦と合わせて大人8人子供2人の合計10人のパーティーでした。6歳の孫娘は、ホワイトボードに演奏プログラムを書いて仕切っていました。孫娘はピアノ、妹はハーモニカ、そして私はバイオリン。何といっても驚いたのは妹のハーモニカでした。一度に3つのハーモニカを持ってタンゴの曲を演奏したのですが、ビックリしました。妹はギターも弾くのですが、両方は持って来れないというので、不思議に思いましたが納得です。ハーモニカのケースには何本ものハーモニカが入っていてとても重いのです。なかなか奥が深い楽器です。

そして、24日はクリスマスのミサにあずかり静かにイエス・キリストの誕生を喜びました。

25日は、長女の友人達のクリスマスパーティーでした。共に中学高校を一緒に過ごした8人の仲間たちが、大学卒業後毎年必ず我が家で開いてきた恒例のクリスマスパーティーです。始めは皆独身でしたが、そのうちに結婚してご主人を連れて来たり、お子さんが生れて家族全員で来られたりして、ずっと続いています。その間、ヨルダンに1人、パリに1人、ロンドンに2人と海外組が半分になったこともありましたが、今はパリに1人とシンガポールに1人在住です。今年は私達夫婦と娘夫婦に6人の友人達で大人10名、それに可愛い双子ちゃんを加え総勢12名でした。若い人の中に全く違和感なく溶け込んでいる老夫婦です。来年も皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

二つのクリスマスパーティーが終わったら、どっと疲れがでてしまい、年末年始は家でゆっくり過ごしました。

[PR]

# by mako-oma | 2017-01-12 20:32 | 行事 | Trackback | Comments(0)  

クリスマスボールプロジェクト

2017年も既に10日が過ぎてしまいましたが、遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。ようやくブログを書く時間が持てました。書きたいことがたまってしまい、何から書いたら良いのか迷いますが、まずは、私がこの五年間続けているクリスマスボールプロジェクトにご協力いただいた皆様方にお礼とご報告をさせていただきたいと思います。東日本大震災から既に5年が経過し、寄付をお願いするのもなかなか難しい状況となり、今年も11月はじめの時点ではちょっと淋しい金額だったのですが、11月末、ありがたいことに3名の方がご協力くださり、それもクリスマスボール30個分でした。その時点で、在庫は全くない状況でしたので、急遽30個を、しかも留学生やスタッフの方々へのクリスマスプレゼントにということでしたので、それに間に合うようにひたすら作り続けました。このクリスマスボールは、岩手県一関市の児童養護施設「藤の園」へご寄付をくださった方々への私のお礼の気持ちです。子供たちのこと、園長先生であるドイツ人シスターのこと、そしてクリスマスボールを作るきっかけとなった着物生地を遺してくれた義母のことを考えながら、東日本大震災を忘れないで、という私の思いを込めて作りました。
そんな訳でご報告が大変遅くなりましたが、皆様方からの暖かいご支援は、昨年末12月20日に藤の園へお送りいたしました。すぐにシスターからお礼のメールをいただきました。
皆様、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]

# by mako-oma | 2017-01-10 12:27 | ボランティア | Trackback | Comments(0)