⑨オーマとジージのクロアチア大冒険旅行~8日目【6月18日(水)】

8日目【618日(水)】

この日は一日、スピリット市内の観光にあてた。運転手さんの休養日である。連日の運転、本当にご苦労様でした。

スプリットは,ローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿がそのまま旧市街となったという珍しい起源をもつ町だ。その特殊な成り立ちと町並みにより、世界遺産に登録されている。


a0335656_16445574.jpg

a0335656_16454363.jpg
宮殿の地下には巨大な空間が広がっている。大聖堂は見ごたえのあるものだった。木製の聖歌隊席の彫刻はみごとだった。


a0335656_16441705.jpg

a0335656_16465675.jpg
 

前庭に出ると、ちょうど運良く男性合唱のクラパ(アカペラコーラス)の演奏がはじまるところだった。素敵な歌声にうっとりしてしまった。

a0335656_16403538.jpg


昼食は再び昨夜のお店に行き、スパゲッティーミラネーゼと魚のリゾットをたのんだ。隣の席には赤ちゃん連れの若夫婦がいた。ちょうど歩き始めた頃のとっても可愛い男の子だった。どこから来たのか聞いてみたら、エストニアからだという。バルト三国の一つだが、長女が以前デンマーク在住の折、一人で出張に行ったのは確かリトアニアだったことを思いだした。

食事が終わり、夫はホテルに戻ったが、私は一人で街を散策した。スプリットの旧市街をくまなく歩いた。やはりゆっくり滞在するに値する魅力ある街だ。

ピンクの皮製の素敵なサンダルを見つけたが、買おうかどうしようか迷ったあげく、ちょっと考えることにした。一度ホテルに戻り、やはり買おうと決めて夕食の前に再び靴屋さんに行き、そのサンダルを買った。私はそれをホテルの部屋に置いて戻ってくると、広場の真ん中で夫が知らない人と話をしている。誰かしら?と思ったら、中学の同級生だという。御夫婦でツアーに参加されているとのこと。こんなにも偶然な出会いがあるなんて、世界は狭いと実感した。

夕食は「観光客のこないようなレストランに行こう」、ということになり、中心部から離れたところにあるレストランに入った。クロアチアのレストランのメニューはどこも同じで、ちょっと変わったものを食べたかった。日本食が食べたいとか、中華料理が食べたいとか言っているのではなくて、普通のバルカン料理が食べたいのに何故ないのか?“定番“と、ガイドブックに載っているメニューは一体どこに行ったら食べられるのか? そんな思いを持って1軒のレストランに入った。入口に出ているメニューを見て、もしかしたら…という期待を持っていたのだが…私達の注文はすべて却下された。メニューにはあっても、今日はないそうだ。結局のところ、このお店で食べれるのはシーフードのみ、ということだろう。仕方がないので別のお店を探すことにした。
次に入ったお店はとにかく広い。でもお客さんは誰もいない。少々不安な気持ちで入った。というのは、そのあたりにはもうレストランらしきお店は見当たらなかったからである。年配の男性が注文をとりにきたが、英語はおぼつかない感じだった。とりあえず赤と白のグラスワインをたのんだ。出てきたワインを見て驚いた。なんと両方とも氷が浮いているのである。グラーシュとミンチ料理を注文したが、やはりここでも、メニューに載っているミンチ料理はないが似ているものはある、という。こりゃお料理も期待できないとあきらめたが、グラーシュもミートボールも美味しかった。久しぶりに食感の異なるものを食べることが出来た。お腹がいっぱいになりレストランをあとにしたが、結局お客さんは誰も来なかった。もしかして、その日のお客さんは私達夫婦だけ?  (つづく)


[PR]

# by mako-oma | 2015-01-30 13:47 | 旅行 | Trackback | Comments(0)  

⑧オーマとジージのクロアチア大冒険旅行~7日目【6月17日(火)】

7日目【617日(火)】

やはりこのホテルも屋根はついているが、外のようなところでの朝食だった。この日も結構涼しかったが、これから秋冬になったらかなり寒いと思った。

この日は早く起きたので、7時半頃にはもうホテルを出て、再びプリトヴィッツェ国立公園に向かった。天気は雨。8時頃到着し、駐車場に車を入れ、雨が止むのを待ったが、雨足はどんどん強くなるばかり。とても歩ける状況ではなかったので、残念ながら上湖郡を回るのはあきらめた。すぐに車を出したら、駐車料金はとられなかった。

急遽予定を変更し、かつてダルマチア地方の中心として栄えた港湾都市、サダルに行くことにした。途中休憩をとった峠は、車のドアーを開けるのも困難なくらいの強風だった。

a0335656_11514559.jpg


一歩外に出たら、とても立っていられないくらいだ。吹き飛ばされないよう、気をつけて歩いて建物内のカフェでお茶を飲んだ。

激しい雨も内陸部を出たら、すっかり良いお天気になっていた。

サダルは思ったよりもかなり大きな町だった。町の起源は紀元前
9世紀までさかのぼり、中世にはヴェネツィア共和国と競うほどの勢力を誇っていたそうだ。観光客も大勢来ていて、車を止めるのに苦労した。立派な正門をくぐり旧市街に入った。

a0335656_11524056.jpg

聖ドナト教会、聖ストシャ大聖堂、フランシスコ会修道院など教会関連施設はクロアチア屈指の充実度を誇るそうだ。
クロアチアは隠れた巡礼地というのもうなずける。



a0335656_11555619.jpg

a0335656_11562490.jpg
a0335656_11572141.jpg

a0335656_12015057.jpg

a0335656_12023663.jpg
a0335656_12052646.jpg
a0335656_12055739.jpg

海岸にあるシー・オルガンは、風が吹くと地面に埋められた装置が反応してメロディーを奏でる仕組みだそうだ。

見所もたくさんあり、来て良かったと思った。


a0335656_12073538.jpg


サダルの町をあとにして、一路スプリットを目指して高速道路を走った。ちょうど高速を降りるところが車線規制で一車線になっていた。そこで事故があったようで、反対車線は遥かかなたまで渋滞の列が続いていた。こちらの車線でなくて良かった。高速を走っている車のナンバープレートを見ると、ドイツ、チェコなどEU圏が多い。皆よそ者である。それなのにかなりのスピードを出して走っている。普段あまり抜かれない夫の運転だが、どんどん追い越して行く車が多いのにはビックリした。

スプリットはアドリア海最大の港町である。町の中に車は入ることができない。港の駐車場に車を止めて、スーツケースをゴロゴロ引きずってホテルを探したがなかなか見つからなかった。ようやく見つけたホテルは、メインの広場に面した観光にはとても便利な場所にあった。
レセプションは2階で、ここもまたエレベーターなし。チェックインをするために上って行ったら、イケメン青年が割安の駐車場に案内してくれ、荷物も上げてくれた。ホテルの女主人は日本に住んでいたこともあるようだ。先ほどの青年は海洋大学に通っている息子で、将来は船乗りになりたいそうだ。彼女に美味しいお店を尋ねたら、近くのレストランを教えてくれた。その店のシェフもまた日本に行ったことがあるそうだ。 スプリットは大きい町なので、中華料理とかインド料理のお店があるのではないかと聞いてみたが、ないと言う。世界中くまなく進出していると思っていた中華料理もここにはないらしい。夕食はその店でラムステーキと子牛のコトレットを注文した。           (つづく)


[PR]

# by mako-oma | 2015-01-29 09:27 | 旅行 | Trackback | Comments(0)  

⑦オーマとジージのクロアチア大冒険旅行~6日目【6月16日(月)】

6日目【616日(月)】

ホテルの朝食は8時だった。室内でもなく室外でもないベランダのようなところが朝食をとる場所だった。冬はどうするのかと思った。

9時頃ホテルを出発、目的地であるプリトヴィッツェ湖畔国立公園に向け車を走らせた。途中山を越えると天気がガラっと変わった。確かにアドリア海に沿った地域は地中海性気候であるのに対し、内陸部は大陸性気候であるのだと実感させられた。風がとても強く、初めて車のハンドルを取られるという経験をした。もちろん運転手は夫だけなので、私は助手席で座っているだけだが、それでも怖かった。

12時半頃目的地に到着し、ハンバーガーとポテトでお腹を満たし、早速歩き始めた。プリトヴィッツェ湖畔国立公園は大小16の湖と92箇所の滝をもつ国立公園で、1979年世界遺産に登録された。エメラルドグリーンがなんともいえない美しさを放っていた。想像をはるかに超えた規模の滝には圧倒された。

a0335656_10470050.jpg

a0335656_09561191.jpg

a0335656_10471778.jpg
a0335656_10470967.jpg

a0335656_10475503.jpg


ビューポイントではたくさんの観光客がカメラのシャッターをきっていた。気温はかなり低く、みな上着やジャンパーを羽織っている。湖は透明感があり、たくさんの魚の群れが泳いでいた。やはり、ドブロブニクから遠いが、来る価値はあると思った。


a0335656_10481459.jpg
a0335656_10482383.jpg



この日は下湖郡だけしか見ることが出来なかった。上湖郡は翌日にまわすことにした。出発しようと思ったとき、夫はタブレットのないのに気がついた。窓口で駐車料金の支払いをするとき、台の上に置いたのだ。急いで探しに戻ったところ、幸いにも保管してくれていた。このタブレットがなければ動きがとれないくらいに、我々にとっては何よりも大事なものを、何で忘れるか!と思った。とにかく無事に戻ってきて安心した。


この日はプリトヴィッツェから30分ほど車で走ったところにある小さな村、スルニに宿をとった。夫婦でやっているとても小さなホテルだ。ここは友人のお勧めで、町の中に川が流れていて、小さな滝もある。なんとも不思議な町だ。

a0335656_10483149.jpg

a0335656_10490210.jpg

a0335656_11242779.jpg


夕食は、歩いてRASTOKEにあるPETROというレストランに行った。

a0335656_11110743.jpg
a0335656_10484626.jpg

a0335656_10485387.jpg
a0335656_10492125.jpg

a0335656_10494098.jpg
a0335656_10500529.jpg


席はすべて屋外である。周りを水に囲まれ、川の流れる音を聞きながら、マスのグリルと燻製をいただいた。まじめで働き者という印象の若いウェイターが、ちょっと離れたところにあるキッチンと客席との間を忙しそうに何度も何度も往復していた。何でそんなに離れているのだろうか? 雨が降ったらどうするのだろう? 何で外だけなのか? 夏は良いが、秋冬になったら寒すぎるのでは? いろいろな疑問が浮かんだが、料理はとっても美味しかった。
                        (つづく)


[PR]

# by mako-oma | 2015-01-28 21:01 | 旅行 | Trackback | Comments(0)  

⑥オーマとジージのクロアチア大冒険旅行~5日目【6月15日(日)】

5日目【615日(日)】

朝からものすごい雨。おまけに雷もひどい。この悪天候の中、9時ごろホテルを出発した。めざすは北へ300キロ近くいったところにあるトロギールという町だ。途中国境を越え、ボスニア・ヘルツェゴビナに入り、ネウムという町で休憩をとった。後から聞いた話だが、ここは物価がとても安いのだそうだ。とは言っても、現地通貨での買い物はめんどうだ。とりあえず私達は足を踏み入れ、コーヒーを飲んで、トイレを借り、ボスニア・ヘルツェゴビナをあとにした。

1
時頃トロギールのホテルに到着した。建物自体はアンティークの香りのする家族経営の小さなホテルだ。エレベーターはない。女主人は3階の部屋まで軽々と荷物を運んでくれた。部屋はクラッシックな雰囲気で気に入った。トロギールは周りを城壁に囲まれた小さな島で、本土とは橋で結ばれている。町の起源はギリシャ時代にまでさかのぼる。昼食をとりがてら、街に出かけていった。

a0335656_09334874.jpg

a0335656_09343493.jpg


a0335656_09464573.jpg


ここの見所は何といっても世界遺産である聖ロブロ大聖堂だ。
13世紀初頭から建築が開始され、完成したのは17世紀になってのことだ。そのため、教会内にはさまざまな建築様式が組み合わされている。

a0335656_09495231.jpg

a0335656_09494823.jpg

a0335656_17450195.jpg
a0335656_17452557.jpg
a0335656_17453330.jpg

一度ホテルに戻り休憩をとった。
夜になり再び街に出て、夕食は
“Konoba”とよばれるレストランで食べることにした。ダルマチア風のシーフードレストランをコノバというらしいが、そろそろシーフード料理も飽きてきたので、シュバインシュニツェルと牛肉料理を注文した。お味は最高だった。
                     (つづく)





[PR]

# by mako-oma | 2015-01-27 14:09 | 旅行 | Trackback | Comments(0)  

⑤オーマとジージのクロアチア大冒険旅行~4日目【6月14日(土)】

4日目【614日(土)】

8時半頃ホテルを出発し、ドブロブニクの北西35kmにあるストンという小さな町に向かった。

a0335656_13563005.jpg
ここにはヨーロッパ第2位の長さを誇る長大な城壁がある。最長はイギリスのハドリアンウォールだ。そこを訪れたのはもう15年も前になるが、娘たちの記憶にも鮮明に残っているようだ。かなりインパクトが強かったようである。

a0335656_13573209.jpg

a0335656_09254605.jpg


a0335656_09255318.jpg


ストンの城壁は隣町のマリ・ストンまで続いている。
1416世紀にかけて作られたそうだが、城壁を上がってみて、よくぞこんなにも長い間保存状態も良く残っているものだと思った。

昼食をとるためにマリ・ストンに移動した。ここでは牡蠣の養殖が行われている。生牡蠣はちょっと遠慮したいので、サイドディッシュでカキフライを注文した。メインはやはりシーフード料理だ。それにエビの生パスタトマトソースも頼んだ。どれも美味しかった。

a0335656_09230688.jpg

ホテルに戻った後、海岸沿いに細い道を突端まで散歩した。

のんびりとした一日だった。  (つづく) 




[PR]

# by mako-oma | 2015-01-26 13:42 | 旅行 | Trackback | Comments(0)