<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

青年会OB・OG会


今年もまた恒例のOB・OG会が開催されました。半世紀前、私達はカトリック高輪教会の青年会で共に青春時代過ごしました。その仲間達が、一年に一回、懐かしい高輪の地に集まると、あっという間に50年前にタイムスリップしたような気持ちになります。その頃青年会の皆から"ママ"と呼ばれていたおば様も、92歳になられましたが、今年もお元気で参加されました。当時聖歌隊の指導をしてくださった先生も、91歳というお歳とは思えない相変わらずの張りのあるしっかりとしたお声でご挨拶されました。例年御ミサをあげてくださるのは、当時主任司祭でいらして、青年会の活動に積極的に参加してくださったお二人の神父様でしたが、今年はそのお一人であるアメリカ人の神父様は函館にいらしてしまったので、残念ながら参加されませんでした。今回、初めてこの会に参加された私と同じ名前のM子さん。おそらく何十年とお会いしていなかったと思いますが、長い髪にクリクリっとした目は昔のままでした。この再会は驚きの再会でした。彼女の息子さんはもう20年以上もドイツ・デュッセルドルフ在住で、奥様はドイツ人。3人のお子様がいらっしゃり、M子さんは、毎年そのお孫ちゃんに会いにデュッセルドルフに行かれるとのこと!何と懐かしいデュッセルドルフ!彼女はスマホを取り出し、何枚もの写真を見せてくれました。ライン川沿いの懐かしい景色に感激です。息子さんは二十歳の時にドイツに行かれたそうです。行ってすぐに、彼は幼稚園時代にお世話になり、その後ドイツにわたられたシスターを訪ねたそうです。私とM子さんは確か同じ歳だったと記憶しています。おそらく息子さんも我が家の娘たちと同じくらいの年齢かな?と思いました。37年前、私達がドイツに旅立った時は、まだ直行便はなく、アンカレッジで一端飛行機を降りました。その時、何人かのシスターのお姿が目にとまり、お話させていただきました。皆様これからデュッセルドルフで幼稚園の運営に携われるとのことでした。何と、長女がこれからお世話になる幼稚園だったのです。あらかじめ日本で決めていたカトリックの幼稚園は、それまで運営されていた修道会がその年度で終わ
り、新たな修道会のもとに運営されることになったのです。飛行機でご一緒したシスター方は、その新しい宮崎カリタス会の皆様だったのです。不思議なご縁を感じました。長女も次女もこの聖母幼稚園で本当にお世話になりました。6年間のデュッセルドルフ在住中、4年間幼稚園の送り迎えをしました。中でもシュヴェスター(独語)・ウベルティーナとの思い出は子供たちにとって忘れられないものになっています。毎年クリスマスカードのやり取りだけですが、いつも子供たちのことを気にかけてくださいます。何と、そのシュベスター・ウベルティーナが、M子さんの息子さんが真っ先に訪ねたシスターだったのです!M子さんもデュッセルドルフに行くときには、シスターにもお会い
になるそうです。息子さんが幼稚園時代にシスターと一緒に写っている写真を見せてくださいました。37年前、子供達が幼稚園時代のお顔です!私たちがドイツから帰国して既に31年。今はケルンですが、シスターはずっとドイツです。シスターも私とほぼ同年齢だと思います。いろいろと大変だと思います。いつか、シスターとM子さん、そして私の3人でお会いしたいです。
懐かしい写真を探しました。
a0335656_20142681.jpg
a0335656_20162202.jpg
a0335656_20170893.jpg
a0335656_20165154.jpg


関連記事 半世紀ぶりの再会
        
     新年会ライブ
         

[PR]

by mako-oma | 2017-10-10 09:33 | 交流 | Trackback | Comments(0)