「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

我が家の5年間 (1)

東日本大震災から5年が経ちました。この間我が家にも激震が起こりました。それでも春は来ました。大震災から程なくした頃、隣に住む孫娘の元に、近所のこども園から入園許可の通知が届きました。娘は妊娠がわかるとすぐに保活を始めました。妊娠中、保育園のことしか考えていなかったのではないかと思うくらいです。最初は無認可、次に認証、そしてようやく認可保育園の1歳児クラスにめでたく入園することが出来ました。生後10ヶ月から既に2回の転園を経験し、3園目となるこのこども園は、幼保一体化されたもので、その後5年間本当にお世話になりました。

毎朝保育園に送って行くのが私の仕事でした。通園途中、花の名前を教えて、季節の移り変わりを感じてもらったり、細い道に入ると背負っているリュックを私に渡し、”よーいドン”で競争したり、色々なことが懐かしく思い起こされます。1歳児クラスは、本当に可愛いクラスでした。ついこの間のことのような気がします。2歳児クラスになるとお友達と一緒に遊ぶことも多くなりました。そして3歳になると幼稚園と一緒になり、沢山のお友達が入園してきました。年少クラスは2クラスでしたが、幼稚園のお友達が帰ったあとは、保育園のお友達だけのクラスとなりました。そして年中さんになり、すっかりお姉さんになりました。 つづく

[PR]

by mako-oma | 2016-03-27 09:37 | 家族 | Trackback | Comments(0)  

東日本大震災から5年

東日本大震災からもうすぐ5年が経とうとしています。あの時1歳だった孫娘は、この4月から小学生です。あの日私は保育園まで迎えに行き、避難所に指定されている近くの大学の体育館で娘が来るのを待ちました。しかし京橋の職場にいる娘とは連絡がとれず、外も暗くなってきたので孫娘を連れて家に帰りました。娘はその夜遅く京橋から家まで5時間ぐらい歩いて帰って来ました。

大震災以来、私は岩手県の児童養護施設”藤の園”のサポートを続けています。皆様から寄付を募り、お礼に着物の生地で作った手作りのクリスマスボールを差し上げています。このクリスマスボールプロジェクトに関してはこちらをご覧ください。

先日、藤の園の園長先生であるシスター・チェリナが東京に来られ、思いもかけないものをいただいてしまいました。
感謝状です。私のしてきたことは、本当にささやかなことです。でもこの大震災のことは決して忘れてはいけないと思い、年々人々の記憶が薄れてくるのを感じながらも、寄付をお願いしてきました。ご協力いただいた方々には本当に心から感謝申し上げます。

今日はカトリック高輪教会に行って来ました。こちらの教会からもバザーの売り上げ等の中から藤の園へご寄付をいただきました。
本当は皆様の前でお礼を申し上げたかったのですが、それには前もって予約が必要とのことで、それはかないませんでした。
それでも担当の福祉部の方に心からのお礼を申しあげ、皆様にお伝えいただくようお願いしてまいりました。

細々とでも末永く続けていかれればと思っています。今後とも皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

a0335656_20382657.jpg
a0335656_20383494.jpg




[PR]

by mako-oma | 2016-03-06 16:15 | ボランティア | Trackback | Comments(0)