「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

問われるべきは「政治の質」

点評               
     1992年 日付不明 新聞社不明

粟屋憲太郎立教大教授の「昭和の政党」(小学館)は、「粛群演説」などで、議会史にさん然とした地位を占めている民政党の斎藤隆夫衆院議員の活躍を冒頭に取り上げることで、軍国主義の風潮に流されていった戦前の議会人の姿を描いている。
斎藤は、政党もマスコミも軍部批判を自粛するようになった1930年代後半も節を曲げず、40年2月の「反軍演説」で除名される。しかし、斎藤を除名した議会は結局、翼賛政治への道を転がり落ちていった。この本で、特に感動的なのは粟屋教授が斎藤の選挙区、兵庫県但馬地方を歩いたフィールド・ノートを元に齋藤と支持者の関係を描いているくだりだ。斎藤の選挙はすべて法定費用内でまかなわれ、普段の政治活動は年一、二回選挙区に帰り演説会を開くだけだった。演説会といえば今も変わらぬ地元への利益誘導的内容が多かった中で、斎藤は自分の政見に熱弁を振るい、演説に感動した支持者は手弁当で斎藤のために走り回った。除名の二年後、激しい選挙干渉にもかかわらす斎藤が議会に再帰できたのは、政治信条で結び付いた支持者たちがいたためだ。同著には斎藤の政治資金の内訳は紹介されていない。が、政治姿勢、権力・右翼の干渉を考えると、資金面でも清廉でつましかったことがうかがえる。このほど自民党の「政治改革を実現する会」が発表した衆参国会議員29人の昨年一年間の政治活動集資金によると、一人平均1億3378万円のカネが出入りしたという。巨額の資金調達の方法、収支の透明性も問題だが、同時に問わなければならないのは何を「政治活動」と見るかだ。支出の36%は秘書などの人件費で、活動費30%のうちの政策活動費は9%だけ。残りは後援会活動費と冠婚葬祭費だという。そこには飲食、旅行など派手な後援会活動と、後援会の面倒を見たり、カネ集めに奔走する大勢の秘書陣の姿が浮かび上がってくる。政治活動の規制は論外だが、その質にも目を向けなければならないだろう。供応まがいの活動を支えるために、献金、パーティー、派閥から年間1億円前後の資金を調達しなければならないとしたら、議員はまず”資金源”の顔色を見るようになる。「見返りのない献金をすれば背任。見返りのある献金は贈賄」といわれるが、同会の発表した収支からはカネが議員を毒している構造が見える。議員はカネ集めの理由にカネのかかる選挙をあげ、近く国会に提案される政治資金規正法改正案でも企業・団体献金の抜本見直しは見送られる。しかし、斎藤のように政治信念で有権者をつなぎ留められない不足分をカネで補うことが当然視されてはならない。「政治活動」を問うとき、斎藤は今なお一つの手本を示している。(原文通り)



[PR]

by mako-oma | 2015-05-16 08:49 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

交友抄 東北のぬくもり

 1992年(平成4年)3月4日 日本経済新聞  矢島欽次

墨絵のような空から今にも降ってきそうな日であった。「やあ、どうも遅くなりまして」と言いつつ、草柳大蔵さんが入って来られた。その瞬間、対談のための部屋は、パァッと明るくなったような気がした。草柳スマイルのなせるわざであろうか。これは、仙台放送の毎日曜午前10時から始まる「ごきげんよう草柳です」のテレビ出演時の光景である。この番組は、始まってからかれこれ、20年、現在も続いている。東北6県と新潟県だけにしか放映されていないのが残念だ。草柳さんはこの番組に毎回、工夫をくらしている。対談中は一切CMを入れないとか、四季折々の詩歌を冒頭に掲げて季節のこころを序章とする。私は出演のたびに草柳さんの番組に対する繊細な心くばりに驚いている。草柳さんとの交友は何十年にも及ぶ。あうんの呼吸というか、リズムがよほど合うのであろう。そもそも草柳さんと私との出会いには、東北電力副社長の小林智夫さんが仲人役の任に当たった。3人そろい踏みをすると話は尽きない。確か草柳さんと晩秋の東北路を旅していたときだと記憶している。前の晩、国政の乱れを憂えていた草柳さんに、文才のない私になり代わって斎藤隆夫伝なるものを書いていただきたい、もう斎藤隆夫のことを知る日本人はほとんどいないではないかと懇請した。戦時中、軍部がわが世を謳歌していたとき、文には文の職分あり、軍には軍の職分がある、されば軍は軍の職分に専念し、政治に口出しするなという「粛軍演説」を国会で堂々とブチ上げた男がいた。それが斎藤隆夫である。今の自衛隊論議とはまったく関係ない。草柳さんは黙して語られなかったが、その後、私の期待する以上の傑作「斎藤隆夫かく戦えり」(文芸春秋)なる立派な書を公刊された。草柳さん、小林智夫さんは私の心の友である。東北は吹雪の中でも温かい。人情の古里であり、傑作を発酵させる場でもあるから。(やじま・きんじ=青山学院大学教授)




[PR]

by mako-oma | 2015-05-11 22:49 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

新編戦後政治 41 女性たちが語る  三木睦子さん〈2〉

斎藤氏の反軍演説傍聴 政治テスト?武夫氏に誘われて
                    
1992年(平成4年)1月12日  毎日新聞 編集委員 岩見隆夫

総理の片山哲さんは品よくおっとりしていらした。口数は少ないのですけれど、内に秘めたものがたっぷりあるような、たいへん知識の豊富な、だけどひけらかさないというか、感じとしては井出一太郎さんみたいなね。
西尾夫人に敬意 
それから、西尾末広夫人に私は大変敬意をもっていました。経歴を聞いてみると、西尾さんと同じように働いていらした方で、苦労もされたというんですけれども、立派な信頼できる人だと思ってましたよ。まあ地味な格好はしてらっしゃいましたけど。ちょくちょくお目にかかってました。占領下ですから、そんなに派手な行き来するようなことはなかったんですけど。片山内閣には国務大臣に斎藤隆夫さん〈当時、民主党最高顧問)がいらっしゃいましてね。この方はどっちかというと体の大きくない方でしたけれども、私は戦争がはじまる前の国会での演説の時にお目にかかった。お目にかかったというより、母が三木に誘われて、私はただお添えもので、「ついておいで」と母が言うから、くっついていったんです。彼は議員ですから、傍聴券を2枚ずつもらえる、それを母に渡したものですから、私たちは傍聴席からのぞいて、三木は議場を出たり入ったりしてました。遠くから見ているだけですけど。それでも毎日、斎藤さんのことは新聞に記事が出てますからね。こっちが顔、姿をしっていました。三木と結婚する数年前です。〈斎藤隆夫をおいて議会演説を語ることはできない。戦前、斎藤は再三、壇上から軍部に挑戦した。歴史に残るのはまず2・26事件直後、1936〈昭和11)年5月の粛軍演説。軍部の乱れを一刀両断した。翌朝の『東京日日』(いまの『毎日』には、「斎藤氏熱火の大論陣 国民の総意を代表し 軍部に一大英断要望」の大見出しが躍った。ついで、1940(昭和15)年2月、日中戦争が4年目に入った大戦前夜にも斎藤は反軍演説に立つ。「いたずらに聖戦の美名に隠れて・・・」ではじまる有名な熱弁。拍手なりやまずだったが、軍部は怒り狂い、議会は斎藤を除名処分にした。睦子夫人が傍聴したのは、その間の1937,8年ごろの演説と思われる〉 その時にね、母は大変皮膚の弱い人だったもんですから、ニスでかぶれちゃったんです。いまの議事堂ができたばかりで、ニスも新しく、母は傍聴席の前に身を乗り出して議場を一生懸命のぞいたりしましたからね。それで、目が開けられなくなって、大騒動です。沢蟹(さわがに)を生のままたたいてつぶした汁をつければ治るとかいって、いろんなことをやったんですけれど、「かゆい、かゆい」と幾日も夜通し騒ぎましてね。伊豆だか熱海だか、温泉が効くということで、私も一緒に行ったんです。そこへ、武夫が見舞いにやってきました。病気のもとを作ったというんで。〈長女、高橋紀世子の証言。「父が議員在職50年の表彰を受けた時に、衆議院議長室の原健三郎さんの所に表彰状をいただきに母と伺ったんです。父は入院してましたから。それで傍聴席に入ったんですが、常日ごろ母は国会には行きたがらなかったのですから、私の記憶になかったので『ママ、はじめてでしょう』と聞いたところ『50年前ごろ一度だけ』と言うんです。それで、斎藤さんの反軍演説を聞いたことをはじめて知りました。『母親に言われて』と祖母のせいにしてますが、父としては母を誘ったんじゃないか、初デートだったのだろうと私は思うんですけれど・・・。でも、ちょっといい話だと思いました。実業をしていた母の里、森の家に強い反戦ムードがあったとは思えない。だから、父は母に、斎藤演説を聞かせることによって、自分の思想というんですか、自分の考えをわかってもらえるかどうか、テストしてみたのではないかと思うんです。病床の父に、そんな私の想像を話してみたことがあるんですが、まんざらうそではないという顔をしていました。照れましたから」〉… 後略

[PR]

by mako-oma | 2015-05-08 20:40 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

斎藤隆夫にみる真の政治家

風見鶏    民衆の声代弁、議会百年に光芒
                     
       1990年(平成2年)3月19日 日本経済新聞

国会議事堂に隣接する憲政記念館で、恒例の特別展が開かれている。今年は昭和の政党史がテーマ。昭和初期の政友会、民政党による政党内閣時代から戦後、昭和30年の保守合同、左右社会党の統一までを扱っている。戦争をはさんで、政党政治の興隆、退潮、復興の歩みが各種資料によってたどれる仕組みである。明治憲法下の戦前の政治で、政党や、それを土台にした議会政治が、本来の意味で十分機能せず、結局、軍部や官僚に取って代わられたことは歴史の示す通りだ。今日とは違い、そこには様々な制約があった。だが、軍部の台頭を許した責任の多くは、政党自身の腐敗や抗争、足の引っぱりあい、さらには軍部や時の権力への追従にあったこともまた疑いない。自ら墓穴を掘る形で政党政治に幕を閉じる戦前の議会史で光芒(ぼう)を放つのは、民政党代議士、斎藤隆夫(1870-1949)の存在であろう。軍部や官僚の主導する政治の追認・協賛機関にすぎなくなった議会で、「ネズミの殿様」のあだ名を持つ斎藤は、小柄な身体に似ず、二度にわたって政府・軍部を批判する演説を行った。昭和15年2月の演説のあと、斎藤は軍部と、これに同調する議会によって議員を除名される。その演説は衆院議長の手で大幅に削除された。斎藤の属した民政党は軍の圧力に抵抗するどころかかえって辞職を迫った。除名反対の片山哲、西尾末広らを抱えた社会大衆党は、逆に西尾らを除名した。今年の特別展はこの斎藤隆夫を「異色の政治家」として採り上げ、特別のコーナーを設けている。斎藤は辞職を勧告する民政党幹部に「言論の議会で国民が問わんとする所を問うたのであり、議員の職をなげうつは国民に対して忠なる所以(ゆえん)でなく、憲政擁護の途でない」と反論した。斎藤隆夫については何冊かの著作があり、回想録もある。詳細はそれらの書物に任せるとして、問題は政治家の在りようとして当然とも言える、「国民が問わんとする所を問うた」斎藤を、「異色の政治家」と紹介しなければならないわが議会史のさびしさ、むなしさである。日本の議会はこの秋、明治23年の帝国議会の開設から百周年を迎える。が、その長さに比して、民衆の声を代弁し、民権の発展や憲政擁護のために足跡をしるした政治家はさほど多くはない。戦前の多くの時期、民主主義やリベラリズムは異端とされ、危険視されてきたことを考えると、それは当然の結果と言えるかもしれない。議会は斎藤を除名したが、その際、7人の議員が反対票を投じた。そのなかには後の首相、芦田均らの名が見える。除名を決めた本会議では賛成296、反対7のほか144もの大量棄権票が出た。反対票を投じる勇気はないものの、時勢を憂え、斎藤の言動に共鳴を寄せる議会人がなお多数いたことを物語っている。考えてみれば、少数派で、異色の存在であった斎藤隆夫によって、戦前の議会史はかろうじてその存在と名誉とを後世に対し残し得たといえよう。と同時に戦後史のなかで必ずしも高い評価を与えられていない片山哲、芦田均、西尾末広といった政治家が、議会の存亡の危機に際し、憲政擁護と言論の自由のために、それこそ命がけで行動し、政治信念を貫いたことは、もっと記憶されていいだろう。今日、政党政治に基づく日本の議会政治は、戦後40年を経てそれなりに定着している。戦後復興や経済発展に寄与したところも少なくない。だが、俗に「永田町」は別世界視されるように、国家や政党の現状に対する世の不満が強いのも事実である。今回の特別展には議会を除名された斎藤隆夫を励ます一般市民からの古びたはがきや手紙が多数、展示されて印象深かった。現存するものだけでもその数は700通をこえるという。  (編集委員 金指正雄)

[PR]

by mako-oma | 2015-05-04 21:28 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

余禄

           1991年(平成3年)1月30日  毎日新聞

代表質問が続いている。言いっぱなしに聞きっぱなし、つまらないことおびただしいという評判が専らだが、そう決め付けるのは酷だ。すばらしい代表質問がある。ご静聴願います。「国民的犠牲を閑却し、いわく国際正義、いわく道義外交、いわく世界の平和、かくのごとき雲をつかむような文字を並べ立てて、国家百年の大計を誤るようなことがありましたならば、現在の政治家は死してもその罪を滅ぼすことはできない」「いつぞやある有名な老政治家が演説会場において聴衆に向かって、こんどの戦争の目的はわからない、自分にはわからない、諸君はわかっているか、わかっているならば聞かしてくれと言うたところが、一人として答える者がなかったということである」「国民に犠牲を要求するばかりが政府の能事ではない。政府の首脳部に責任観念が欠けている。身をもって国に尽くす熱力が足りないからであります。国民的基礎を有せず、国政に対して何らの経験もない、その器にあらざる者を拾い集めて弱体内閣を組織する」「国民的支持を欠いているから、何事につけても自己の所信を断行する決心もなければ勇気もない。 姑息とう安(一時しのぎで)一日を弥縫(とりつくろう)するところの政治をやる。失敗するのは当たり前であります」昭和15年2月2日、衆議院本会議で民政党・斎藤隆夫の代表質問である。この部分は速記録から削除され、斎藤は除名された。海部内閣をあてつけているわけではないが、胸のすくような名演説だ。昔はこんな勇気ある保守党議員がいた。いまは・・・                         

[PR]

by mako-oma | 2015-05-01 17:27 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)