カテゴリ:その他( 6 )

 

御殿山

もう来週は師走です。11月は本当に忙しかったです。書きかけのものが下書き一覧にたまってしまいましたので、順次ご紹介したいと思います。11月10日から12日までの3日間"GOTENYAMA ART& TECHNOLOGY WEEK 2017"というイベントが行われました。御殿山は私が生まれ育ったところです。その御殿山でこのようなイベントが行われるということは、私にとってとても新鮮でした。
御殿山は昔太田道灌が江戸城に入る前に御殿山城というお城を構えていたそうです。ここで夢のお告げを受け、江戸城を築いたと伝えられています。その後江戸時代に入り徳川家康がこのあたりの自然を愛し別邸としました。品川御殿と呼ばれ、歴代将軍鷹狩の休憩地として、また幕府重臣を招いてのお茶会の場として利用されたとのことです。
ここは桜の名所として浮世絵や錦絵にも登場します。現在のミャンマー大使館が建設された時には、「御殿山の桜がなくなる!」ということで大問題になりました。開国後幕府は諸外国の公使館を御殿山に建設することを計画しましたが、有名な「御殿山英国公使館焼討事件」が起こります。長州藩士高杉晋作、志道聞多(井上馨)、伊藤俊輔(博文)ら尊王攘夷派13名が襲撃し全焼してしまいました。
御殿山は、池田山、島津山、花房山、八ッ山と共に城南五山と呼ばれています。

母は御殿山で生まれ御殿山で育ち御殿山の我が家で大好きなショパンを聴きながら亡くなりました。あのバブルの最中、森ビルの御殿山開発計画が持ち上がりました。今回イベントが行われた地は元々実業家原六郎さんのお屋敷でした。ここに森ビルが事務棟と住宅棟の二つの高層ビルを建てるという開発計画により近隣住民は次々と御殿山を離れていきました。
元々御殿山の土地のほとんどは原さんの所有でした。原家で働く使用人の方々のお家も沢山あり、多くは借地ということでした。原さんは祖父と同じく兵庫県出石の出身でずっと祖父のことを支援してくださいました。そういった関係で、うちは特別に譲っていただき、所有できました。そういった経緯もあり、母は最後まで御殿山を離れることには反対しました。

我が家のお隣が原さんの一万坪のお屋敷で、私が子供の頃はトウモロコシ畑があり、テニスコートがあり、大きなお池にはザリガニが沢山いました。山あり谷あり、子供にとっては最高の遊び場所でした。現在原美術館のある所にはミャンマーがビルマと言われていた時代、ビルマ大使館がありました。一時廃墟のようになっていた時期もありますが、子供にとっては興味深々でした。でもこのお屋敷の中にはやっちゃんが一緒でないと入れませんでした。普段は門のところに怖いおじさんが立っていました。やっちゃんは原さんのご親戚で、この敷地内にお家がありました。そのやっちゃんと数年前、思いもかけず半世紀ぶりに再会しました。一年に一度の同窓会は、家族連れなどすごく大勢の人が集まります。その中で、私の横にすごく背の高い男性の気配を感じ、振り向くと後姿が見えました。「もしかしてやっちゃん?」私は前に回って顔を見上げました。やっぱりやっちゃんでした。お母様もお姉様もすごく背の高いかたでした。もう懐かしくて子供時代のことをいろいろ思い出しました。もう一人の男の子と三人でよく御殿山中を自転車で走り回りました。

原さんのお庭の一部は今も御殿山庭園として残っています。今回のイベントではここで最先端の技術を使ったアトラクションが行われました。夜暗くなってからヘッドライトをかぶり、パーソナルプロジェクションマッピングによって、人間ではない生き物の感覚で夜の森を見ることができるというアトラクションです。娘と孫が体験しました。彼女たちにも私や母の御殿山に寄せる思いを知って欲しいと思います。

[PR]

by mako-oma | 2017-11-10 16:03 | その他 | Trackback | Comments(0)  

お雛様

我が家では毎年2月・3月の2か月間お雛様を飾り、皆様にご覧いただいています。今年も1年ぶりの再会をした友人が何人かいます。我が家のお雛様は、義母の手作りの親王飾りセットが3組、その他にも木目込みのお雛様や衣裳人形、そして骨董屋さんで手に入れたお道具類など、とにかく沢山あるので、出すのは大変, しまうのはもっと大変なので2か月間飾っているのです。義母のお雛様は古代布を使って、一針一針縫った着物を着せます。私の親王飾りの下には骨董店で買い求めた三人官女、五人囃子、右大臣左大臣もいます。飾り段は主人の手作りです。お道具は私が集めたアンティークです。長女の親王飾りと次女の親王飾りは京都の人形師のお頭でとてもふくよかな良いお顔をしています。今年から更にとても存在感のあるお道具が増えました。
先日はドイツ人の方が二人来てくださいました。一人は来日間もない方で、もう一人は6週間日本に滞在中の方でした。一昨日はダブルさちこちゃんとダブルまさこちゃんが来てくださいました。4人は60年以上も前同じ幼稚園に通っていた幼馴染みです。一部の方には私が東日本大震災以来サポートしている岩手の児童養護施設「藤の園」への寄付をお願いしました。ちょうど岩手からドイツ人の園長先生が東京に出て来られたので、我が家のお雛様もご覧いただけました。皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました!
「藤の園」については、また改めて書きたいと思います。
義母は5人姉妹だったので、お雛様を盛大にお祝いしたようですが、
最近ではお雛様のお祝いをすることも少なくなったのではないでしょうか。こうして一年に一回お雛様を出してあげ、皆様に見ていただいて、きっと義母も喜んでいると思います。



[PR]

by mako-oma | 2015-03-17 12:34 | その他 | Trackback | Comments(0)  

新年会

今日はちょっと別の話題を。先日私が通っているエクササイズの新年会がありました。2時間エクササイズをした後に、近くのレストランで早めの夕食をいただきました。しょっちゅう通っているのに今まで全くそんなところにレストランがあるなんて気が付きませんでした。本当に隠れ家的レストランです。外から直接リビングに上がり、コートは別のお部屋にかけ、本当に普通のお家にお邪魔した感じでした。お料理もマダムが作ってくださる家庭料理で、とっても美味しかったです。お部屋の雰囲気も素敵でとてもリラックスできました。当日は、天気予報では雪ということでとても心配したのですが、幸い雪にはならなかったものの、冷たい雨の降るあいにくのお天気でした。それにもかかわらず、先生の昔からの生徒さんでいらした方が顔をみせてくださいました。なんとお年は91歳!偶然にも私の小学校時代の同級生のお母様ということをごく最近知ってびっくりしたのですが、本当に素敵な方なんです!長年ゴルフとスキーをなさってきただけあるな、と感じました。お話を伺って、私も見習わなくてはと思いました。お食事も栄養バランスをよく考えられて、色々なものをめし上がっているのです。血液サラサラのためには、玉ねぎは欠かせないということです。月に一度はコンサートにいらっしゃり、読書もされていて、本当にお元気です。パワーをいただきました。ありがとうございました。

[PR]

by mako-oma | 2015-02-14 20:00 | その他 | Trackback | Comments(0)  

クラス会

昨日、大学のクラス会がありました。毎年2月の第1土曜日にクラスメートがやっているお寿司屋さんでやるという定例の新年会です。大学のクラス会というのは、わりと珍しいようですね。60人中女性は二人だけでした。いつもだいたい決まったメンバーですが、私達二人は必ず出席です。10年ほど前、10年ぶりにスキーをして骨折しましたが、その時も松葉杖をついて行った記憶があります。一年に一回みんなに会うのがとても楽しみです。相棒は伊豆に引っ越してしまわれるようですが、来年もぜひ出席してくださいね。

その席で言われました。「ブログ、毎日はやりすぎ」そんなに頻繁に見れないから、一週間に一度開けて見れるくらいがちょうど良いようです。そこで、今までは毎日新しい記事を載せていましたが、ちょっとのんびり行くことに決めました。皆様も気が付いたときにのぞいてみてくださいね。


[PR]

by mako-oma | 2015-02-08 15:37 | その他 | Trackback | Comments(0)  

ご挨拶

13回にわたる「オーマとジージのクロアチア大冒険旅行」をご覧いただき、ありがとうございました。初めから公開するつもりで書いたものではなく、記録として書いたので、どうでも良いことがいろいろと書かれていましたね。写真は夫提供です。明日から、いよいよこのブログを立ち上げた本来の目的である斎藤隆夫を皆様に知っていただくための記事を連載させていただきます。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。



[PR]

by mako-oma | 2015-02-04 15:45 | その他 | Trackback | Comments(0)  

マクーマの部屋へようこそ

2015年1月、ついにブログを立ち上げました。旅行のこと、アンティークのこと、そして斎藤隆夫のこと…いろいろお話したいと思います。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
"Better late than never." (リヴィウス)
(遅れてしまったからやらないというのではなく、やはり遅れてもやらないよりやった方が良い。あきらめずに事にあたろう。)
という訳で遅ればせながらブログデビューいたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。


[PR]

by mako-oma | 2015-01-18 09:05 | その他 | Trackback | Comments(0)