斎藤隆夫にみる真の政治家(8)~粛軍演説~

斎藤は首をふりふり核心に入る。事件のもう一つの原因として、青年軍人の直接行動に対する軍部当局の態度を挙げている。昭和6年の3月事件、10月事件は、5.15事件および今回の反乱事件(2.26事件)と性質を同じくするものだが、この両事件に対し、軍部はどう処置したかというと、少しも徹底した処置をとっていない。「寸にして断たざれば尺の憾みあり、尺にして断たざれば丈の憾みあり、たとえ一木といえども、その根が深く地中に蟠踞するに至っては、これを倒すことは容易ではない」 軍部当局が事件を「闇から闇へ葬る行為」をくり返したこと、さらに、いくつかの不祥事件を起こしながら、立憲政治への介入を継続させたこと、この二点が演説の中に展開する。    (つづく)
[PR]

by mako-oma | 2017-05-29 21:50 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://makooma.exblog.jp/tb/23919545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 斎藤隆夫にみる真の政治家(9)... 斎藤隆夫にみる真の政治家(7)... >>