クリスマスボールプロジェクト

2017年も既に10日が過ぎてしまいましたが、遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。ようやくブログを書く時間が持てました。書きたいことがたまってしまい、何から書いたら良いのか迷いますが、まずは、私がこの五年間続けているクリスマスボールプロジェクトにご協力いただいた皆様方にお礼とご報告をさせていただきたいと思います。東日本大震災から既に5年が経過し、寄付をお願いするのもなかなか難しい状況となり、今年も11月はじめの時点ではちょっと淋しい金額だったのですが、11月末、ありがたいことに3名の方がご協力くださり、それもクリスマスボール30個分でした。その時点で、在庫は全くない状況でしたので、急遽30個を、しかも留学生やスタッフの方々へのクリスマスプレゼントにということでしたので、それに間に合うようにひたすら作り続けました。このクリスマスボールは、岩手県一関市の児童養護施設「藤の園」へご寄付をくださった方々への私のお礼の気持ちです。子供たちのこと、園長先生であるドイツ人シスターのこと、そしてクリスマスボールを作るきっかけとなった着物生地を遺してくれた義母のことを考えながら、東日本大震災を忘れないで、という私の思いを込めて作りました。
そんな訳でご報告が大変遅くなりましたが、皆様方からの暖かいご支援は、昨年末12月20日に藤の園へお送りいたしました。すぐにシスターからお礼のメールをいただきました。
皆様、本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]

by mako-oma | 2017-01-10 12:27 | ボランティア | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://makooma.exblog.jp/tb/23540343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 年末年始 憲政記念館特別展 >>