「ほっ」と。キャンペーン

新聞記事掲載終了

これまで斎藤隆夫に関連する新聞記事を掲載してまいりましたが、残念ながら諸事情により終了することとなりました。
一番皆様に読んでいただきたかった二つの記事を掲載できなかったことは、本当に残念です。両紙ともほぼ新聞一面の大きさで、大きく取り上げられています。一つは1998年8月31日(月)読売新聞朝刊の《20世紀 どんな時代だったのかー昭和15年2月 斎藤隆夫の「反軍演説」》。 もう一つは2013年11月2日(土)同じ読売新聞朝刊の《昭和時代 第3部 戦前・戦中期(1926~44年)第35回-「言論」から「翼賛」の府へ》です。20年以上前、長女が高校3年の時、「斎藤隆夫にみる真の政治家」という卒業レポートを製作しました。その際、一緒に国会図書館に行き、昭和初期の古い新聞記事を多数閲覧し、コピーしたことを思いだしました。今はデジタルでも閲覧可能かもしれません。ご興味のある方はどうぞご覧いただければと思います。今後はまた別の形で「斎藤隆夫」を知っていただくことを考えたいと思います。このブログは引き続きますので、これからは音楽のこと、アンティークのこと、その他もろもろ書きたいと思ったことを載せていこうと思っています。これからも
どうぞよろしくお願いいたします。


[PR]

by mako-oma | 2015-09-09 13:46 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://makooma.exblog.jp/tb/21628421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 日本フィルコンサート あしたのニュース(フジTV) >>