斎藤隆夫の言葉(2)

・寸にして断たざれば尺の憾あり、
 尺にして断たざれば丈の憾あり。                      
 一木と雖もその根が深く地中に蟠踞するに至っては
 之を倒すことは容易ではない 
           昭和11年5月 -粛軍演説よりー


・吾が言は、即ち是れ万人の声  
     わがげんは、これすなわちばんにんのこえ
   (私の言っていることは、皆が言っていることだ)
 褒貶毀誉は、世評に委す
     ほうへんきよは、せひょうにまかす
   (誉めたりけなしたりは、世間に任せる)
 請う看よ百年青史の上
     こうみよひゃくねんせいしのうえ
   (100年経って、歴史の上で見てくれ)
 正邪曲直、自ずから分明
     せいじゃきょくちょく、おのずからぶんみょう
   (何が正しくて、何が間違っていたか
    何が曲がって、何がまっすぐだったか
    自然とわかるだろう)

      -昭和15年3月 除名処分になった時残した漢詩ー



[PR]

by mako-oma | 2015-04-10 15:05 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://makooma.exblog.jp/tb/21105412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 区議会議員選挙 斎藤隆夫の言葉 >>