齋藤隆夫にみる真の政治家(4)~粛軍演説~

昭和11年5月、2・26事件による戒厳令下の緊張のもと、第69特別議会が召集された。齋藤隆夫は、7日の衆議院本会議壇上に立ち、自他ともに認める三大演説の一つ『粛軍演説』を行った。概要は、次のとおりである。広田内閣の説く革新政治の具体的内容、ならびに外交と国防政策の問題点を鋭く追及するとともに、その後半では、2・26事件の原因と軍当局の態度を論難。斎藤は、軍部大臣に対し、明治天皇の『軍人勅諭』と伊藤博文の『憲法義解』をひきながら、軍人の政治不関与の原則を糾した。自ら公判を傍聴した5・15事件については、青年将校の議論の単純さと、これを扇動する陰謀家の無責任さを突き、軍人被告が軽い量刑ですんだ軍法会議の政治性を批判した。さらに「3月事件に対する軍部の態度が10月事件をよび、10月事件に対する軍部の態度が5・15事件をよび、5・15事件に対する軍部の態度が実に今回の一大不祥事件を起こした」と軍部にせまる。日本の国家組織は「立憲軍主制」として進むほかないのであるとして、「政治圏外にあるところの軍部の一角と通謀して自己の野心を遂げんとする」政治家の堕落をついた。そして最後に、今回の事件についてはあらゆる階級が憤慨しているのに、言論の自由の拘束によって、これを公然と口に出来ない状態にあることを指摘し、「国民の忍耐力には限りがあります」と警告している。この昭和11年の日本には、いいことがひとつもない。簡単に説明すると、金輸出解禁の失敗による恐慌と、国内経済の疲弊、政党政治の腐敗、ドル買い事件などによって、かつてないほどに増した、国民の政党・財閥に対する不信感。ロンドン海軍軍縮条約に調印したはいいが浜口首相が反対派・右翼の青年に狙撃されて死亡。協調外交路線はゆきづまる。満州事変および満州国の建国による、日本の孤立。政党政治を直接行動で打倒して、軍事的な独裁体制を樹立しょうとする国家改造路線による三月事件、十月事件、5・15事件、そして2・26事件と相次ぐテロ事件。外交も内政も行きつくところまで来ている。これ以上、優柔不断な政治は許されない。  (つづく)
[PR]

# by mako-oma | 2017-05-25 22:59 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

齋藤隆夫にみる真の政治家(3)

「国会議員に必要なのは見識ですよ。代議士が大臣になりたい、幸せになりたいでは国は滅びますよ。」こう言い切る斎藤が、最も嫌ったのは「金のかかる選挙」であり、派閥政治であった。資金活動をしない代わり、但馬各地につくられた立憲青年党の若者たちが、手弁当で日ごろから運動に取り組む。先生を落選させては但馬の恥だという意気込みが、選挙のたびに広がり、他陣営から”斎藤宗”と呼ばれていた。選挙はすべて法定費用内でまかなわれ、普段の活動は年一、二回選挙区に帰り演説会を開くだけだ。
斎藤はまた、地元への利益誘導に厳しい。公共事業をするといって党派の拡張を計るのは、政府や政党のなすことではなく、「全く強盗の仕業であります。」演説会といえば今も変わらぬ地元への利益誘導的内容が多かった中で、彼は自分の政見に熱弁を振い、演説に感動した支持者がすなわち”斎藤宗”となった。斎藤のように政治信念で有権者をつなぎとめられない、その不足分をカネで補うのは当然……これが今の時代である。対立陣営から「地元の利益にならない代議士」と攻撃されても、斎藤票は揺るがなかった。治水や鉄道建設など地元に必要な事業は黙っていてもきちんとやってくれた、と当時の運動員の一人が、その頃をふり返って言う。他にも、斎藤は「己の立脚地も定めずに他人の後を追って走るがごときは,独立人にあらずして一種の奴隷である。」と親分子分が結びつく派閥を嫌った。また、軍事費の突出にも監視を忘れず、財政上の問題はそもそも軍事予算の増加によるもので、増税問題もここからきている、と軍拡に鋭く目を光らせた。 ここで大切なのは、斎藤隆夫は、反軍思想家でもなければ反戦政治家でもないということ。いわば、戦前の”平均的日本人”である。天皇を敬愛し、家族の健康を願い、いつまでも故郷の但馬をなつかしみ。適当に教育パパで、娘の婚期が遅れるのを心配し、宴会用の歌曲を習い、息子たちの学徒出陣の際には、「お国のためになるんだぞ」と日の丸の旗を肩にかけてやっているのである。「あいつは偉くなっても変わらないから偉いやつだ。」とは、斎藤の姉、みつの言葉である。(つづく)

[PR]

# by mako-oma | 2017-05-24 19:32 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

斎藤隆夫にみる真の政治家(2)~斎藤隆夫という人~

明治3年(1870年)兵庫県但馬郡出石に生まれる。東京専門学校(現早稲田大学)を卒業、弁護士となり、渡米してエール大学に学ぶ。1914年以降、衆議院議員当選13回。2・26事件直後の臨時国会で粛軍演説を行い、また昭和15年(1940年)2月、支那事変(日中戦争)に関する質問演説を行って大陸政策を批判し、そのため議員を除名される。戦後は第一次吉田内閣、片山内閣の国務大臣となる。昭和24年(1949年)10月死去、79歳。

五尺そこそこの小男。若いときアメリカで結核にかかり、肋骨を7本も取る大手術をした。そのため、身体が右後方によじれていて、それが演説するときの独特のポーズになっている。斎藤は、それが癖の、首をフラフラと振りながら、議会の壇上に立つ。演説原稿というものはかつて持ったことがない。演説の数日前に草稿を完成し、庭を散歩しながら暗唱するのである。彼は、原稿と首っぴきの政治家を「何たる醜態か、自分のものになっていないものをよく口にできるものだ。」と軽蔑している。登壇した斎藤をとらえた、ある雑誌の記事には、次のように書かれている。「およそ風采の振わないといってこれくらい振るわないのも珍しい。形容枯槁、これ以上痩せようはないという顔つきで、天下の不景気を一人で背負っているかのようだ。しかも一度口を開けば、さすがに千軍万馬の名将、提げて起つは得意の憲法論、満場うならざるをえない。」ところが、議事壇上から降りるや否や無類の話し下手になる。親分子分をつくらない。資金活動をしない。選挙区のために働かない。酒もたばこもやらず、宴会では居眠りばかりしている。それでいて、当時の政界にこれくらい存在感のある政治家はいなかったという。  (つづく)

[PR]

# by mako-oma | 2017-05-22 20:34 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

斎藤隆夫にみる真の政治家(1)

これは、1993年(平成5年)一人の女子高生の書いたレポートから抜粋したものです。
『政治が乱れて国民の不信感が強まるたびに、にわかに脚光を浴びる一人の政治家がいる。「政党および代議士に対しては、常に監督の責任を忘れてはならない。これが国民の政治道徳である」とは、彼の言葉である。新聞や雑誌のどこかに、「彼を見習え」だの「真の政治家」だの、そういった言葉を見つけるとき、たいてい日本の政治はひどい状態にある。代議士・斎藤隆夫。彼について、知りたいと思った。政権政党に属しながら派閥政治を好まず、とりわけ軍人の政治介入を批判、「言うべきことを言う」政治家として潔く生涯を貫いた人である。「政治家は1本のろうそくたれ」と言い、自分の身を焼き尽くしてでも、世の中を照らし、明るくしなければならない、と説いた。79歳で世を去って44年、その数々の語録は、今日の政治を指摘しているようにみえる。彼の活躍した時代は主に、現在のアジア諸国による対日警戒感を生み出した、軍部全盛の時代である。もちろん今とは大きく違う。制度上は自由が保障され、「軍部」に匹敵する巨大な権力もない現代の日本では、自分の命をも顧みずに言論を吐く、そんな悲壮感など必要ではない。しかし、だからこそ今、言論は紙風船のように軽くなっていく。後年、今の時代を的確に語った演説が、議会の速記録から発見されることはまずないだろう。今から半世紀あまり昔、こんな一人の政治家がいた。現代と比較しながら、その実態をさぐってみたい。   (つづく)

[PR]

# by mako-oma | 2017-05-17 21:57 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)  

1940年という年

またもや北朝鮮がミサイルを打ち上げました。今回は成功したようです。 何を考えているのでしょうか。不気味です。先日のTBS報道特集を見ていてキャスターの「今の状況は1940年の頃ととても良く似ている。」という発言に思わずドキッとしました。1940年というのは昭和15年、斎藤隆夫が2月2日に「「支那事変処理に関する質問演説」をした年です。この演説が聖戦を冒瀆するものだとして、議長により演説後段の三分の二を議会速記録から削除されました。斎藤は懲罰委員会にかけられ、3月7日の本会議で、出席者303名のうち賛成296票で除名が可決されました。反対票を投じたのは、政友会久原派の芦田均、牧野良三、名川侃市、宮脇長吉、丸山弁三郎の五氏、民政党の岡崎久次郎氏、第一議員倶楽部の北浦圭太郎氏のわずか7名だけでした。斎藤を擁護する者の多くは、欠席または棄権144票の中に含まれていました。
斎藤除名直後の1940年3月10日、社会大衆党は、採決に欠席した片山哲、西尾末広ら8人を除名するなどして党分裂に至ります。政友会久原派、民政党でも反対・欠席者の処分を巡って混乱しました。一方、斎藤除名を積極的に推進した各党有志代表百余人は3月25日、聖戦貫徹議員連盟を結成しました。6月に近衛文麿が一国一党の強力な指導体制の確立をもくろんで新体制運動を掲げると、その夏各党は一斉に解党し、10月に発足した大政翼賛会に組み込まれていきます。帝国議会開設50周年のこの年、議会から政党が亡くなりました。議会政治を自ら否定した政党はここに崩壊し、本格的な戦時指導体制を確立した日本は翌年太平洋戦争へと突入していきます。

[PR]

# by mako-oma | 2017-05-14 13:17 | 斎藤隆夫 | Trackback | Comments(0)